お問い合わせ

赤ちゃんとご家族の未来のために。
赤ちゃんのさい帯保管

ステムセルのさい帯保管サービスについて

「日本初」の
さい帯保管サービスについて

さい帯保管サービスとは

「さい帯」とは、お母さんと赤ちゃんをつないでいる「へその緒」のことです。近年、そのさい帯に再生医療の分野で広く研究されている「間葉系細胞」が多く含まれている事が分かってきました。この「さい帯」を生きたまま凍結保管できるのが、ステムセル研究所の「さい帯保管サービス」です。

赤ちゃんの「未来」へ最初の贈り物

間葉系細胞はからだで炎症が起きている場所に駆け付けて炎症を鎮めたり、傷ついた組織を修復する力を持っています。ご出産の機会にさい帯を凍結保管しておくことで、お子さまとご家族の医療などに役立てることができる可能性があります。

ライセンス契約

2018年9月より東京大学医科学研究所附属病院臍帯血・臍帯バンクの長村登紀子准教授と自家さい帯の応用の可能性について共同研究を行ってきました。そして、さい帯保管サービスを開始するにあたり、国立大学法人東京大学とこれらの技術とノウハウの使用に関するライセンス契約を締結しております。

ステムセルのさい帯保管サービスについて

さい帯保管サービスとは

「さい帯」とは、お母さんと赤ちゃんをつないでいる「へその緒」のことです。近年、そのさい帯に再生医療の分野で広く研究されている「間葉系細胞」が多く含まれている事が分かってきました。この「さい帯」を生きたまま凍結保管できるのが、ステムセル研究所の「さい帯保管サービス」です。

赤ちゃんの「未来」へ最初の贈り物

間葉系細胞はからだで炎症が起きている場所に駆け付けて炎症を鎮めたり、傷ついた組織を修復する力を持っています。ご出産の機会にさい帯を凍結保管しておくことで、お子さまとご家族の医療などに役立てることができる可能性があります。

ライセンス契約

2018年9月より東京大学医科学研究所附属病院臍帯血・臍帯バンクの長村登紀子准教授と自家さい帯の応用の可能性について共同研究を行ってきました。そして、さい帯保管サービスを開始するにあたり、国立大学法人東京大学とこれらの技術とノウハウの使用に関するライセンス契約を締結しております。

高品質と安心安全を実現する2つの施設

高品質と安全安心を
実現する2つの施設

高い洗浄度が維持された
 横浜細胞処理センター(横浜CPC)

2021年3月に完成した横浜CPCでは、さい帯血およびさい帯の処理が可能です。施設内は、各部屋の清浄度や温湿度、各機器の温度を常にモニタリングしており、異常があれば迅速に状況が把握でき、必要に応じ直ちに対処することができます。モニタリングデータは、改ざん等ができない情報収集システムを採用しており、より信頼性の高い情報に基づいて品質が管理されます。

品質と安全性

当施設は、「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」に基づく構造設備基準への適合性について、独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)の専門官の立ち入り調査を受けた上で、厚生労働省関東信越厚生局より、2021年3月12日付けで特定細胞加工物製造許可を取得しております。さらに「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」に基づく、再生医療等製品の製造管理及び品質管理の基準であるGCTPにも適合し得る設計となっております。また、指静脈認証装置、ドア開閉センサー、赤外線センサー、人感センサー、ガラス振動センサーを配備し、24時間警備しております。

高品質と安心安全を実現する2つの施設

高い洗浄度が維持された
 横浜細胞処理センター(横浜CPC)

2021年3月に完成した横浜CPCでは、さい帯血およびさい帯の処理が可能です。施設内は、各部屋の清浄度や温湿度、各機器の温度を常にモニタリングしており、異常があれば迅速に状況が把握でき、必要に応じ直ちに対処することができます。モニタリングデータは、改ざん等ができない情報収集システムを採用しており、より信頼性の高い情報に基づいて品質が管理されます。

品質と安全性

当施設は、「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」に基づく構造設備基準への適合性について、独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)の専門官の立ち入り調査を受けた上で、厚生労働省関東信越厚生局より、2021年3月12日付けで特定細胞加工物製造許可を取得しております。さらに「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」に基づく、再生医療等製品の製造管理及び品質管理の基準であるGCTPにも適合し得る設計となっております。また、指静脈認証装置、ドア開閉センサー、赤外線センサー、人感センサー、ガラス振動センサーを配備し、24時間警備しております。

料金

料金

ベーシックプラン+(プラス)

さい帯血が、採取または保管できなかった場合に備え分娩時にさい帯を採取し一時的にお預かりするプランです。

さい帯血の保管ができた場合

ベーシックプラン+(プラス)

ベーシックプラン+(プラス)

※1 さい帯採取には料金が発生いたします。
※2 さい帯血が保管できた場合、採取されたさい帯は、研究用として寄付または破棄となります。
   なお、保管をご希望の方は、プレミアムプランをご利用ください。
※3 さい帯血の採取または保管ができなかった場合、さい帯保管のキャンセルはできません。
   この場合さい帯採取料金はかかりません。

プレミアムプラン

さい帯血とさい帯(へその緒)の両方を保管するプランです。
さい帯血とさい帯を保管した場合、
特別セット割引が適用されます。

さい帯血の保管ができた場合

プレミアムプラン

プレミアムプラン

※1 さい帯血とさい帯の保管をご希望の場合、特別セット割引が適用されます。
※2 さい帯の保管年数はさい帯血保管希望年数と同一とさせていただきます。
※3 さい帯血の採取または保管ができなかった場合は、特別セット割引は適用されません。
  その場合、さい帯保管料金は通常料金となります。

※さい帯保管は、さい帯血保管をご希望いただいた方のみご利用いただけるサービスとなります。
 さい帯の保管期間は、さい帯血と同一とさせていただきます。

お問い合わせはこちら

ドクターからの声

ドクターからの声

埼玉医科大学名誉教授 関 博之 先生

埼玉医科大学
名誉教授
関 博之 先生

へその緒は宝物

日本人はへその緒を大切にしてきた民族で、昔から母と子をつなぐ絆としてへその緒を桐の箱などに入れて大切に保管する習慣がありました。
保管したへその緒を「お守り」として使っていた地域もあるそうです。
多くの場合、へその緒は胎盤と一緒に廃棄されています。
廃棄されていたへその緒(臍帯)が、実はいろいろな病気の治療に役立つことが科学的に証明され、最近脚光を浴びるようになってきました。
現在、最もよく使われているものは、臍帯に含まれている臍帯血です。
血液の病気だけでなく、脳神経の病気にも効果が期待されています。
そして、臍帯には様々な細胞になる間葉系細胞という細胞があることがわかってきました。この間葉系細胞は、組織を再生して、血流を改善し、 免疫反応を改善する作用があることがわかっています。
このような作用が治療薬として期待されている病気に、潰瘍性大腸炎やクローン病などの腸の病気、軟骨が摩滅して起こる膝関節炎などがあります。
研究段階ですが間葉系細胞が潰瘍性大腸炎やクローン病、膝関節炎に有効であることが確認されています。
母と子を結ぶ命の絆であるへその緒は、生まれた後も我々を病気から守ってくれる宝物であることがわかってきました。研究が進めば、さらに多くの病気に有用なものとなることが期待されます。

資料請求 オンライン
見学会・説明会