• TOP
  • さい帯血について
  • 先生からのメッセージ

先生からのメッセージ

再生医療の分野など、
大きな関心が寄せられる「さい帯血」。
さい帯血の将来性について、
医療従事者からのメッセージをご紹介します。

慶應義塾大学医学部
産婦人科学教室 教授田中 守 先生

さらに高まる、
さい帯血バンクの重要性

近年の間葉系幹細胞投与による治療は、対象を脳性麻痺、自閉症、心奇形とした臨床試験が世界的に行われるようになってきており、数多くの幹細胞治療研究の中で、もっとも早期に実現可能な分野として大きな期待が寄せられている分野です。とくに出産したときに、胎盤や羊水と一緒に通常は廃棄されてしまうさい帯血を処理して保管するバンキングについては、将来的に、現在治療法が見つかっていない種々の治療に使用できる可能性を秘めており、かけがえのない治療のリソースとして注目を浴びてきています。もともとお母さんのお腹の中にいる胎児は、母体にとって異物であるにもかかわらず排除されないという、免疫学的寛容状態にあります。すなわち、胎児由来の細胞は、他家移植した場合も拒絶反応がおきにくいという特徴があります。したがって、さい帯血バンクで保存されている幹細胞も提供した本人だけでなく、ご家族の皆様の病気に関しても治療に使用できる可能性が指摘されています。今後、さい帯血幹細胞の治療対象が増え、対象患者も拡大して行くことが予想されていますので、さい帯血バンクの重要性はさらに高まるものと期待されています。

淀川キリスト教病院
産婦人科部長丸尾 伸之 先生

あかちゃんの未来を変える、さい帯血

あかちゃんのさい帯血に含まれる造血幹細胞は、生まれる際のストレスが強かったあかちゃんに自己投与することで、脳性麻痺につながるような新生児低酸素性虚血性脳症を改善できる可能性があります。げんきに生まれたあかちゃんでも、将来さい帯血幹細胞で治療できうる病気にかかる心配があり、その際にあかちゃん自身のさい帯血が保存されていれば治療により、未来を変えられるかもしれません。
私たちは周産期におけるさい帯血治療に関わり、あかちゃんの未来にむけてさい帯血保存を応援しています。

東峯婦人クリニック 院長松峯 寿美 先生

一生に一度きりのチャンスを大切に

さい帯は子宮の中で胎盤と胎児を繋ぎ、育ててくれる命の綱です。このさい帯の中にあるさい帯血は、血液の元になる幹細胞が豊富に含まれ、可能性を大いに秘めた貴重なものです。現在、様々な病気に対するさい帯血を用いた治療の研究が進んでいます。採取においても赤ちゃんやお母さんに身体的なリスクはありません。一生に一度、出産の時にしか採取できないさい帯血の保管を今この機会にぜひ検討してみてください。

産科婦人科舘出張
佐藤病院 院長佐藤 雄一 先生

もしものとき、お子さまの将来に備えて

当院は、群馬県高崎市に位置する産婦人科の専門病院です。初代が江戸時代に開業ののち、高崎藩医となり、その後代々地域医療に携わり、私で12代目となります。長い歴史の中で、常に患者さま本位の診療を目指し、とりわけ周産期にあたっては、安全で快適な医療の提供を第一に考え、新しい命が誕生する感動を共有する姿勢を職員一同心がけております。また産婦人科病院として、女性が生涯にわたり、健康で美しく生活するため幅広い相談治療や予防医療にも積極的に取り組んでおります。そして最近注目が高まっているお子さまの将来の病気に備えるさい帯血保管についてもご紹介しております。これからも当院は、すべての女性が豊かな生涯を送れるようサポートして参ります。


効果が期待される
主な疾患

「さい帯血」は、現在十分な治療法のない中枢神経系疾患
(低酸素性虚血性脳症、脳性麻痺、難聴、脊髄損傷等)、
自己免疫疾患、ASD(自閉症スペクトラム障害)などに対する
再生医療・細胞治療での利用可能性が注目されています。

  • 脳性麻痺

    先行している海外の臨床研究では、さい帯血の投与により運動機能および脳神経回路の改善がデータとして報告されています。

  • 自閉症

    さい帯血の投与により、コミュニケーション能力や社会への順応性が向上する可能性が示されています。


その他の臨床研究実施状況

  • ○海外での臨床研究実施状況( 2020年8月時点 )

    症例 フェーズ 症例数 実施病院 終了予定
    自閉症 29例 サターヘルス 終了(論文発表済)
    自閉症
    スペクトラム
    25例 デューク大学 終了(論文発表済)
    165例 被験者募集終了
    60例 シバ・メディカルセンター 被験者募集開始前
    脳性麻痺 63例 デューク大学 終了(論文発表済)
    Ⅰ/Ⅱ 40例 オーガスタ大学 試験終了
    20例 テキサス大学 被験者募集終了
    72例 シバ・メディカルセンター 被験者募集開始前
    低酸素性
    虚血性脳症
    52例 デューク大学 終了(論文発表済)
    36例 被験者募集終了
    20例 ニューヨーク
    医科大学
    被験者募集開始前
    先天性横隔膜
    ヘルニア
    での
    脳障害
    20例 テキサス大学 被験者募集中
    (2027年11月終了予定)
    左心低形成
    症候群
    10例 メイヨクリニック、他 終了(論文発表済)
    100例 被験者募集中
    (2020年2月終了予定)
    12例 ロイヤル・チルドレン・ポスピタル 被験者募集中
    (2020年2月終了予定)
    先天性心疾患と脳障害 Ⅰ/Ⅱ 60例 シバ・メディカルセンター 被験者募集中
    (2021年5月終了予定)
    Ⅰ型糖尿病 Ⅰ/Ⅱ 15例 フロリダ大学 終了(論文発表済)
    感音難聴 11例 フロリダ
    ホスピタル
    終了(論文発表済)

  • ○日本での臨床研究実施状況( 2020年8月時点 )

    症例 フェーズ 症例数 実施病院 終了予定
    低酸素性
    虚血性脳症
    6例 大阪市立大学
    医学部
    附属病院、他
    終了(論文発表済)
    15例 実施承認取得
    (2021年6月終了予定)
    小児性脳性
    麻痺等
    6例 高知大学
    医学部附属病院
    被験者募集終了


資料請求