妊娠中の尿蛋白 妊婦さんが気をつけることは?

尿蛋白とは

尿蛋白とは尿に含まれる蛋白のことです。尿に蛋白質が混じっている状態を蛋白尿といいます。蛋白質は体に必要な栄養素なので、通常、尿にはほとんど排泄されません。しかし妊娠中は全身の血液量が増え、代謝も亢進するため、それをろ過する腎臓に負担がかかり、尿中に蛋白が出やすくなります。妊娠に伴う生理的な変化といえますが、腎臓機能の低下、腎臓病、妊娠高血圧症候群の症状のこともあるので、程度によっては注意が必要です。特に高血圧がある場合には、妊娠高血圧症候群が疑われます。

 

どうして尿蛋白が出るの?

腎臓は血液をろ過して不要なものを尿として排出させる働きがあります。妊婦さんの腎臓は自分の血液のろ過だけでなく赤ちゃんの血液のろ過も行っています。ろ過する血液の量が多いと腎臓には大きな負担がかかり、機能が低下することになります。その結果、妊婦さんの尿には、蛋白が混じりやすくなってしまうのです。また、妊娠中の運動不足も腎機能の低下を招きます。さらに妊娠中には免疫力が低下して膀胱炎などにかかりやすくなり、尿蚕白が陽性になることがあります。これらの理由から妊娠中は尿蛋白が出やすくなるのです。

 

尿蛋白の正常値

母子健康手帳には尿蛋白を記載する欄があります。採尿したカップに試験紙を浸して、色の変化で判定する試験紙法という方法の尿検査で判定されます。

(-)陰性

問題なし。尿に蛋白が出ていない状態。

(±)弱陽性(擬陽性)

陽性まではいかない微量の尿蛋白が検出されている状態。尿検査のたびに尿蛋白(±)になってしまう場合は腎機能に何らかのトラブルが発生していることを考慮に入れて精密検査をすることもあります。

(+)陽性

尿に蛋白が出ている状態。(1+)(2+)(3+)(4+)の4段階があり、数字が大きいほど尿により多くの蛋白が出ていることを意味します。数値が大きいほど、腎臓の働きが大きく低下していると考えられます。

妊婦健診で行われる尿蛋白の検査は、腎臓の健康状態を把握するためだけでなく、妊娠高血圧症候群の早期発見のためにも重要です。尿蛋白は妊娠高血圧症候群のサインの一つです。腎臓の機能が低下したまま過ごしていると、妊娠高血圧症候群になるリスクが高くなります。

 

妊婦健診で尿蛋白が出てしまったら・・・

妊婦さんは腎臓に負担がかかることで尿蛋白が出やすいのですが、風邪を引いている時や疲れが溜まっている時、運動後、立ちっぱなしでいた時などは妊婦さんでなくても一時的に尿蛋白が出てしまうことがあります。これらは生理的蛋白尿と呼ばれ、病的蛋白尿とは区別されます。妊婦健診で尿蛋白が陽性の場合、まず原因の特定(血流量の増加による生理的なものなのか、腎機能低下など病的なものなのか)を行い、病気に対する治療を行います。高血圧(収縮期血圧140mmHg以上、拡張期血圧90mmHg以上)を伴う場合、妊娠高血圧症候群の疑いがあるため、血圧や尿蛋白検査に加え、血清のヘマトクリット値や血小板値、血液凝固機能、血液生化学検査なども実施します。リスクの早期発見と降圧薬の投与などの治療が大切になります。

妊婦さんが気をつけることは?

妊婦健診で一度尿蛋白が陽性になったとしても必ず病気であるというわけではありません。続けて尿蛋白を出さないために妊婦さんが気をつけることをまとめてみました。

①食生活に気をつける

塩分や糖分の過剰摂取は腎臓に大きな負担がかかります。薄味を心がけましょう。特に塩分の摂りすぎは高血圧のリスクも高めます。塩分の摂取量は1日に7~10gに抑えられると良いでしょう。また、蛋白質を摂りすぎると血液中の蛋白質の量が増えてしまい、腎臓でろ過しきれずに尿に蛋白が出る場合があります。しかし、蛋白質は赤ちゃんの成長のためには欠かせない大切な栄養素です。妊娠中には蛋白質の摂りすぎにも注意し、肉・魚・卵などの動物性蛋白質と豆・大豆製品などの植物性蛋白質をバランス良く摂ることが大切です。

②飲み物を工夫する

水分は摂り過ぎにも不足にも注意が必要です。水分摂取量の目安は1日2リットルです。妊娠中はカフェインゼロのお茶を選んで飲むようにしましょう。

③体重管理をする

食事は内容だけでなく、食べる量にも気をつけましょう。体重が増えることで腎臓への負担も大きくなります。しかし、無理なダイエットは赤ちゃんの成長に影響が出ます。適正体重を理解し、上手に体重管理をすることが大切です。

④十分な睡眠と休養を大切にする

疲れ、ストレス、睡眠不足などにより、ホルモンバランスが乱れると尿蛋白が出やすくなります。また、これらは高血圧のリスク因子にもなります。妊娠中は、なるべく無理をせずに睡眠を十分にとり、疲れた時には無理をせず、心身ともにゆっくり休養しましょう。

 

まとめ

妊娠中は腎臓に負担がかかるため、尿蛋白が出やすくなります。尿蛋白をそのままにしておくと妊娠高血圧症候群になるリスクが高まり、母子ともに危険な状態になることもあります。妊娠高血圧症候群の早期発見のためには、妊婦健診を毎回きちんと受けることが大切です。リスクを早期に発見し、対応することで、お母さんと赤ちゃんの命を守り、安全な出産を迎えることができます。日頃の生活習慣に気をつけながら、楽しい妊娠生活を過ごしてくださいね。

この記事の監修者

坂田陽子

経歴

葛飾赤十字産院、愛育病院、聖母病院でNICU(新生児集中治療室)や産婦人科に勤務し、延べ3000人以上の母児のケアを行う。
その後、都内の産婦人科病院や広尾にある愛育クリニックインターナショナルユニットで師長を経験。クリニックから委託され、大使館をはじめ、たくさんのご自宅に伺い授乳相談・育児相談を行う。

日本赤十字武蔵野短期大学(現 日本赤十字看護大学)
母子保健研修センター助産師学校 卒業

資格

助産師/看護師/国際認定ラクテーションコンサルタント/ピーターウォーカー認定ベビーマッサージ講師/オーソモレキュラー(分子整合栄養学)栄養カウンセラー

出産に備える
大切な情報