ママになるまえに、この子にできること。

世界にひとりだけのあなたに、一生に一度だけのお守りを。

あたらしい命に、あたらしい医療の選択肢を。いつかのために、さい帯血保管。

さい帯血は、
希望をつなぐ、いのちのお守り。

お母さんと赤ちゃんをつないでいる、
へその緒や胎盤の中を流れる血液、それがさい帯血です。
さい帯血は、赤ちゃんやご家族の
将来のために備えて保管することができます。

民間さい帯血バンクで
さい帯血を保管するまでの流れ

  1. 1

    さい帯血の保管には
    事前のお申し込みが必要です。

    ご予定日が近い(1ヶ月以内)方は、
    お電話にてご連絡ください。

    産院で開催される母親学級や
    院内に設置されている
    パンフレットなどでも
    「さい帯血保管」について
    ご紹介しております。

  2. 2

    ご説明&お申し込み

    資料到着後、専任スタッフよりお電話で
    さい帯血保管についてご説明させていただきます。
    ご説明を聞かれた後、必要書類をお送りください。
    書類の到着をもって、ご契約完了となります。

  3. 3

    採取キットの準備

    さい帯血の保管には事前のご準備が必要です。
    お申し込みいただいた後に、
    さい帯血の採取に必要なキットと
    検査用の母体血採血キットをお送りいたします。
    入院時に病院へご持参ください。
    ※病院によって準備方法が異なる場合があります。

  4. 4

    ご出産から、
    さい帯血の採取・お預かり

    ご出産後に採取されたさい帯血は、
    専門スタッフによって48時間以内に
    細胞処理センターへと届けられます。

    くわしくは、こちらへ

  5. 4

    さい帯血の分離・保管

    届けられたさい帯血は、
    厚生労働省(関東信越厚生局)の許可を得た
    細胞処理センターで必要な細胞が分離され、
    細胞保管センターで長期保管されます。

    くわしくは、こちらへ

WEB動画

資料請求