妊娠中の体重管理!増えすぎ、痩せすぎに気をつけよう。目安はどれくらい?

妊婦健診の度に体重計に乗るのドキドキしていませんか?反対に、これ以上体重が減ってしまったらどうしよう・・・と心配になっているママもいるでしょう。

妊婦さんにとって、一つの試練である妊娠中の体重管理について一緒に考えてみましょう。

どうして妊娠中の体重管理が大切なの?

妊娠中に体重が増えるのは当たり前のことです。妊娠中はホルモンの働きもあって、太りやすくなっています。皮下脂肪をつけて、おなかの赤ちゃんを守ろうとしたり、出産のため、産後に赤ちゃんを昼も夜もなくお世話するためにも、ママの身体はエネルギーを蓄えようとしているのです。赤ちゃんも生まれる頃には3kgほどに成長しています。あれ?私、それ以上増えてる・・・と思われるかもしれません。それもそのはず、子宮に蓄えられた脂肪や妊娠によって血液の量も増えています。こう考えると妊婦さんの体重が増えていくことはごくごく自然なことなのです。

「赤ちゃんの分までたくさん食べなさい」なんて、一昔前のお話。私も長男がおなかにいた頃、おばあちゃんによく言われたものです。ですが、今は妊娠中でも体重管理をしっかりしなければいけません。体重は増えすぎてもママにも赤ちゃんにも良いことなんて一つもありません。

体重が増えすぎると、妊娠高血圧症候群、妊娠糖尿病になるリスクが高くなります。また、産道に余分な脂肪がついてしまうと出産が大変になり、ママの身体にかかる負担も増え、産後の回復が遅くなってしまうこともあります。

妊娠すると腰痛や膝や股関節の痛みに悩まされますが、体重が増えるとさらに身体への負担が大きくなってしまいます。

反対に痩せすぎはどうでしょう?ママが痩せていると早産になりやすい傾向があるようです。赤ちゃんも小さめで、十分発達していない状態で生まれることも。ママのおなかの中で、十分に栄養が摂れず小さく生まれた赤ちゃんは、将来生活習慣病になるリスクもあるのです。つわりでご飯が食べられないと心配しすぎる必要はありませんが、妊婦さんのダイエットは禁物です。

難産になるなんて!赤ちゃんの将来にまで影響してしまうの?と心配なママもいることでしょう。では、どれくらいの体重増加がちょうど良いのでしょう。

 

妊娠中のちょうど良い体重増加ってどれくらい?

妊娠中の適正体重をするためには、まず妊娠前の体重から自分のBMIを知る必要があります。BMIを求めるのはとっても簡単ですので、みなさんも計算してみてくださいね。

計算方法は妊娠前の体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)です。身長はcmではなくmですので、そこだけ注意してくださいね。みなさん、自分の妊娠前のBMIは分かりましたか?

母子手帳では、体型別に体重増加の目安として次のようになっています。

痩せ気味(BMIが18.5未満)の場合・・・9~12kg程度

普通(BMIが18.5以上25.0未満)の場合・・・7kg~12kg程度

太り気味(BMIが25.0以上)の場合・・・太り気味の場合は個別対応ですが、妊娠期間を通しておおよそ+5kg程度

おおよその目安として体重管理の参考にしてみましょう。

痩せすぎが心配

つわりでまともに食べ物を口にできず、今までどんなにダイエットしても減らなかった体重がどんどん減っていく・・・こんなに減ってしまって、赤ちゃんは大丈夫?と心配になりますよね。

つわりの間は一旦体重管理のことは忘れて食べられる物を食べましょう。つわりが落ちついたら頑張りましょうね。私も妊娠初期のつわりで体重が3~4kgほど減りましたが、つわりが落ち着くと少しずつ食べられるようになり、体重も元に戻っていきました。

食事ができるようになったら、カロリーだけを気にするのではなく、バランス良く栄養を摂ることが大切です。

 

体重増加しないために気をつけたいこと

・毎日同じ時間に体重を測る。

・食事はバランス良く、きちんと食べる。

・これまでやってきた家事や散歩は続ける。

・適度な運動を心がける。

・ストレスを溜め込まないようにする。

 

つわりで苦しんだママは、つわり明けも注意です。ようやく食べられるようになり、いろいろ食べたくなってしまいますが、油断するとここで一気に体重が増えてしまいます。私は妊娠が発覚して、すぐつわりが始まり、安定期に入る頃もまだすっきりせず、6カ月に入る頃にようやく落ち着きました。ようやく長く辛いつわりから解放されたと、食べられる量も少しずつ増えていき、食べられることが嬉しくて、1カ月ほどで体重が3kg増えました。これはさすがにしっかり体重管理をしなくてはまずいと思い、慌てたことを思い出します。

お誕生日や記念日、お正月など、いつも以上に食べすぎることもあるかもしれません。特別な日は体重管理のことなんて、ついつい忘れてしまいますよね。でも、食べすぎは1日に!翌日の食事は少なめにするなどして調整しましょう。

 

産休に入った時や里帰りのタイミングで体重が増えてしまうことも。仕事や家事で消費されていたカロリーが消費できないことも一因。里帰りすると親が何でもやってくれる極楽生活ですが、要注意です!

ストレスとは上手に付き合って

妊娠中はただでさえ、ストレスがつきもの。自分の食べたい物を食べたいだけ食べられないなんて、さらにストレスですよね。

週に1回は自分の好きな物を食べて良いご褒美デーを作るのも良いアイデア。もちろん食べすぎはいけませんが、体重管理を気にしすぎてストレスを溜め込むのも良くありません。たまには息抜きしてくださいね。

妊娠中の間食にはヨーグルトやフルーツ、寒天などローカロリーの物がおすすめですよ。

私も妊娠中に体重管理のため、ご飯の量も食べる物も気をつけているのに、隣りで好きな物を好きなだけ食べる主人にイライラしたりしました(笑)

いつもは何でもないことに妊娠中はイライラしたりします。たまにはパパとウォーキングに出かけるのも良い気分転換になりますよ。

妊娠中の体重管理はとても大切なことです。でも、それでイライラしてしまうのも良くありません。頑張りすぎず、ストレスを溜め込まないようにして体重管理を乗り越えましょう。

この記事の監修者

坂田陽子

経歴

葛飾赤十字産院、愛育病院、聖母病院でNICU(新生児集中治療室)や産婦人科に勤務し、延べ3000人以上の母児のケアを行う。
その後、都内の産婦人科病院や広尾にある愛育クリニックインターナショナルユニットで師長を経験。クリニックから委託され、大使館をはじめ、たくさんのご自宅に伺い授乳相談・育児相談を行う。

日本赤十字武蔵野短期大学(現 日本赤十字看護大学)
母子保健研修センター助産師学校 卒業

資格

助産師/看護師/国際認定ラクテーションコンサルタント/ピーターウォーカー認定ベビーマッサージ講師/オーソモレキュラー(分子整合栄養学)栄養カウンセラー

出産に備える
大切な情報