妊娠中に増えるげっぷ 原因と抑える方法

妊娠してから、げっぷがたくさん出るようになって気になるという妊婦さんは少なくありません。特につわりとあわせて、げっぷが増える妊婦さんが多いようです。

げっぷは思っているよりも不快感が強い半面、辛くても人には相談しにくく一人で悩んでいる妊婦さんもいらっしゃいます。げっぷは妊娠していない時にも起こる生理現象なので、食後や炭酸飲料を飲んだ後に出るのであれば心配のないことがほとんどです。しかし、多く出ることで気分が悪くなってしまうことや体の異変の前兆ということもあります。

今回は妊娠中にげっぷが増える原因とげっぷを抑える方法についてご紹介いたします。これを知っておくだけでも不安解消に繋がるかもしれませんよ。

 

<げっぷとは>

げっぷとは、食べ物などと一緒に口から飲み込んだ空気やおなかの中で発生したガスなどが口から排出される生理現象のことです。

妊娠中でなくても、食事の際に一緒に飲み込んだ空気が胃に溜まり、げっぷが出ることや炭酸飲料やビールなどを飲んだ後に胃の中に溜まった炭酸ガスを出すためにげっぷをすることがあります。また、胃腸の働きが弱くなって消化不良を起こしている時や緊張状態からストレスが溜まっている時にもげっぷは出やすくなります。

 

<どうして妊娠するとげっぷが増えるの?>

・ホルモンの影響

妊娠中に増加する女性ホルモンの一種であるプロゲステロンには胃腸の機能を抑えてしまう作用があります。妊娠初期から後期までこのプロゲステロンの分泌が増えるので胃腸の働きが弱くなり消化不良を起こしやすい状態になります。その結果、おなかの中でガスが発生しやすく、げっぷが出やすくなります

・自律神経の乱れ

妊娠中はホルモンバランスや生活リズムの変化から、自律神経が乱れがちになります。げっぷが出そうで出ないという感覚や喉の奥が詰まったような感覚は自律神経の乱れが原因です。また、ストレスが原因で胃腸の働きが鈍ってしまったり、消化不良を起こしたりすることもあります。妊娠初期は特に体調が不安定で、ストレスを抱えやすいので、胃腸にも影響が出やすくなります。

・つわりによる食事回数の増加

つわりの時期の妊婦さんは一度に沢山食べることができず、頻回の食事となることがあります。食事の回数が増えると食べ物と一緒に空気を飲みこむ機会も増え、げっぷの頻度が上がります。また、空腹になると気持ちが悪くなってしまう食べつわりの妊婦さんも食べ物を口にする機会が多くなるため、げっぷが増えてしまいがちです。食べ物や飲み物自体にも空気は含まれているので、食べる量が増えればおなかの中に空気やガスも溜まってしまいます。

・つわりによる唾を飲み込む回数の増加

つわりのある妊婦さんは吐き気を催した時、無意識に唾を飲み込むことで紛らわそうとすることがあります。唾の飲み込み回数が増えると、空気も一緒に飲み込んでしまい、げっぷの回数も増えてしまいます。また、よだれつわりといって唾液過多の症状に悩まされる妊婦さんもいるようです。口内に苦味やネバネバとした不快感があるため、唾の飲み込みが多くなり、これもげっぷの原因となります。

<げっぷを抑えるには>

・消化の良い食事を心がける

消化不良を起こすとげっぷが出やすくなってしまうので、消化の良い食事を心がけましょう。おかゆ、うどん、豆腐、卵、白身魚、鶏のササミ、りんご、バナナなどがおすすめです。食材はできるだけ細かく切り、火を通してやわらかくすると消化されやすくなります。食物繊維を多く含む食品は消化するときにガスが発生しやすいので注意が必要です。

・ゆっくり食事をする

早食いをすると空気を大量に飲み込んでしまいます。胃腸の機能が低下している妊婦さんにとっては、消化不良を起こす原因にもなります。よく噛んでゆっくり食べることで消化も良くなり、満腹中枢も刺激され食べ過ぎを防ぐことができます。小分けにして食べることもげっぷの改善に繋がります。

・炭酸飲料はほどほどに

炭酸飲料は口当たりが良いため、つわり中の妊婦さんに人気の飲み物です。しかし炭酸飲料を飲むことによって、げっぷが増えてしまうので飲む量に気をつけましょう。少量ずつ飲むのがおすすめです。げっぷを効果的に出す方法として、あえて炭酸飲料を飲むということもありますが、空気も一緒に入ってくるので、げっぷを出したい時だけにしましょう。

・唾は飲み込まずに吐き出す

唾の飲み込みは、げっぷの原因になるので、唾液過多の症状がある妊婦さんはなるべく唾は飲み込まずにこまめに吐き出すようにしましょう。

・横になるときは右側を下にする

幽門という胃の出口部分は体の右側にあります。右側を下にして寝ることで、胃の内容物を腸へ流す働きを促すことができます。反対に左側を下にして寝ると、胃に内容物がとどまってしまい、つわりやげっぷを悪化させる原因になるので注意しましょう。

・リラックスする

自律神経の乱れがげっぷの原因になっている場合は、リラックスすることが大切です。唾がたくさん出ることに神経質になりすぎると、余計に唾が出てしまいます。ほかのことに気持ちが向くようにして、リラックスするよう心がけましょう。体調が良ければ軽い運動をするのもおすすめです。

 

<まとめ>

妊娠中のげっぷはホルモンバランスの変化や自律神経の乱れ、さらにはつわりの影響により多くの妊婦さんが経験する症状です。つわりの時期が終わるのと同時にげっぷが気にならなくなったという妊婦さんが多いようです。あまり神経質にならずに今回ご紹介したげっぷを抑える方法を試してみてください。

げっぷの量が増えたことで何も食べられない、水分が摂れない、精神的に辛いといった状態が長く続く場合は、つわりが悪化して妊娠悪阻(おそ)と呼ばれる状態になってしまう恐れがあるため、一人で悩まず妊婦健診などで医師や助産師に相談してくださいね。

この記事の監修者

坂田陽子

経歴

葛飾赤十字産院、愛育病院、聖母病院でNICU(新生児集中治療室)や産婦人科に勤務し、延べ3000人以上の母児のケアを行う。
その後、都内の産婦人科病院や広尾にある愛育クリニックインターナショナルユニットで師長を経験。クリニックから委託され、大使館をはじめ、たくさんのご自宅に伺い授乳相談・育児相談を行う。

日本赤十字武蔵野短期大学(現 日本赤十字看護大学)
母子保健研修センター助産師学校 卒業

資格

助産師/看護師/国際認定ラクテーションコンサルタント/ピーターウォーカー認定ベビーマッサージ講師/オーソモレキュラー(分子整合栄養学)栄養カウンセラー

出産に備える
大切な情報