母親学級とは?参加するとどんなメリットがあるの?

母親学級は妊娠期に合わせて内容が異なる

母親学級とは、妊婦さんが妊娠、出産、育児を経験する上で必要な知識を専門スタッフから学ぶ場です。母親学級はその時期に応じた講座が開かれ、妊娠前期から中期を経て後期に至るまで、複数回にわかれて開催されることが多いようです。

妊娠前期の母親学級では主に妊娠中の体の変化、妊娠初期の生活、妊娠中の食生活(特につわり対策)、妊娠中の運動などについて学びます。妊娠、出産に対する不安な気持ちをサポートするような内容になります。

妊娠中期の母親学級では、妊娠中期の生活、大きくなるおなか周りのケア(妊娠線の予防方法など)、妊娠中の病気や異常、赤ちゃんを迎えるための準備などについて学びます。人形を使って赤ちゃんの抱き方、着替え、おむつ替え、授乳の仕方、沐浴などの実技を行うこともあります。マタニティヨガやマタニティビクスなどの運動教室やマッサージなどもあります。

妊娠後期の母親学級では、妊娠後期の生活、陣痛~出産の経過、出産に向けて呼吸法の練習、陣痛や破水が起きた際の対処法、病院へ連絡するタイミング、入院方法など、より具体的な出産のための準備について学ぶことができます。どのような出産にしたいか、希望を書いていくバースプランを作成することもあります。

 

母親学級は主催者によっても内容が異なる

母親学級には自治体が行っているもの、病院や産院など分娩施設が行っているもの、民間企業が行っているものなどがあり、主催者によって内容が異なります。

自治体が行っている母親学級では地域に住む妊婦さんを対象としており、妊娠、出産、育児に関する一般的な知識を幅広く学べます。参加費が無料の場合が多く、気軽に参加できます。

分娩施設が行っている母親学級は、その施設で分娩予定の妊婦さんを対象としており、一般的な知識だけでなく、バースプランの作成や出産前後の施設での過ごし方など出産に向けたより具体的な内容が加わります。

民間企業が行っている母親学級は、育児用品を扱う企業や販売店がPRを兼ねている場合がほとんどで、育児に役立つ最新の情報が得られます。実際に商品を手に取り説明を聞くこともできます。

 

母親学級に参加するとどんなメリットがあるの?

母親学級に参加しなくても、本や雑誌、ウェブサイトなどから知識を得たり、妊婦健診の時に病院のスタッフの方から指導してもらったりすることもできます。しかし、母親学級に参加すると様々なメリットがあります。無理のない範囲で興味のあるものや必要だと思うものを選んで参加してみましょう。

具体的にどのようなメリットがあるのかご紹介していきます。

メリット①妊娠、出産、育児に必要な最新の知識や情報が得られる

初めての出産の方は、妊娠中の生活、出産に必要な準備、お産の過程など、わからないことばかりで不安を抱えていることと思います。

母親学級に参加すると、妊娠、出産、育児に必要な情報をわかりやすく教えてもらうことが出来るというメリットがあります。

また、2回目以降の妊娠の方でも前回の妊娠で経験しなかったトラブルが起こる可能性はあります。また、出産や育児の方法は時代と共に変化してくることがあります。前回の妊娠では聞いたことのなかった食生活の注意点を知った、体重コントロールの指導方法が変わっていたという話を聞くこともあります。母親学級に参加すると最新の知識や情報を得ることができるというメリットがあります。

メリット②赤ちゃんのお世話を体験できる

初めて出産される方は、これまでに赤ちゃんのお世話をしたことがないという方がほとんどだと思います。出産後の赤ちゃんとの生活に不安を感じる方も少なくありません。

出産前に赤ちゃんの抱き方、着替え、おむつ替え、授乳の仕方、沐浴などを体験しておくと出産後のイメージが湧きやすくなり、自信にも繋がるというメリットがあります。

メリット③専門スタッフに直接相談できる

母親学級に参加すると、医師、助産師、看護師、保健師、管理栄養士、歯科衛生士など様々な分野の専門スタッフから直接アドバイスや指導をしてもらえるというメリットがあります。心配なことや不安なことは直接相談もできます。

メリット④出産や育児に必要な物を実際に手に取って試すことができる

民間企業が主催する母親学級や出産・育児フェアに参加すると、出産や育児に必要な物を実際に手に取って試したり比べたりすることができます。出産や育児の方法と同様に育児用品も時代と共に変化します。

経産婦さんは上の子の時にはなかった便利な育児用品を発見することもあるかもしれません。育児用品を手に取り、赤ちゃんのいる生活をイメージすることができるのも母親学級のメリットです。

メリット⑤友達ができる

母親学級では同じくらいの妊娠週数の妊婦さんと友達になることもあり、ママ友作りを目的に母親学級に参加する方もいるようです。

自治体や病院によっては、参加者同士で交流する場を設けていることもあります。近所の方と友達になると出産後も同じ月齢の赤ちゃんがいるママ同士で赤ちゃんの成長や悩みを共感できたり、育児についての情報交換をできたりするというメリットもあります。

 

まとめ

いかがでしたか。母親学級に参加するメリットがおわかりいただけたでしょうか。

母親学級は必ず参加しなければならないというものではありません。

しかし、母親学級に参加することで、妊娠、出産、育児に関する知識や情報が得られたり、出産に対する不安が解消されたり、同じ時期に子育てをする仲間ができたりとたくさんのメリットがあります。

無理せず、体調の良い時に気分転換を兼ねて参加してみてはいかがでしょうか。

この記事の監修者

坂田陽子

経歴

葛飾赤十字産院、愛育病院、聖母病院でNICU(新生児集中治療室)や産婦人科に勤務し、延べ3000人以上の母児のケアを行う。
その後、都内の産婦人科病院や広尾にある愛育クリニックインターナショナルユニットで師長を経験。クリニックから委託され、大使館をはじめ、たくさんのご自宅に伺い授乳相談・育児相談を行う。

日本赤十字武蔵野短期大学(現 日本赤十字看護大学)
母子保健研修センター助産師学校 卒業

資格

助産師/看護師/国際認定ラクテーションコンサルタント/ピーターウォーカー認定ベビーマッサージ講師/オーソモレキュラー(分子整合栄養学)栄養カウンセラー

出産に備える
大切な情報