妊娠初期 流産の原因。この命は守れる?気をつけることは?

「流産するかもしれない」

そんな考えは、妊娠の喜びと共に、口に出せない不安として妊娠初期の妊婦さんの心に影を落とします。

気が重くなるような話題ですが、妊娠したら誰にとっても心配な「流産」

悲しいことですが、妊娠の約15%が流産になるといわれています。そして、その大半が妊娠初期に集中しているのです。

私は妊娠初期のある日、不安な腹痛と共に目が覚めました。

前日に軽い出血があり、念のため病院を受診して「安静」をいい渡された後でした。

でも前日はまだ赤ちゃんに異常はなく、安静にしていればきっと大丈夫だと思っていたのです。

その腹痛に「ダメかもしれない」と直感しました。全身から血の気が引いたことを今でも思い出します。

 

流産の宣告と悲しみ

その後、すぐ病院を受診。

診察結果を聞くために部屋に入ると、先生がテーブルの上にティッシュの箱を出しているのが見えました。

そして、流産であることが伝えられました。

正確には流産が進行している途中で、まだおなかの中に赤ちゃんがいる状態でした。

「この時期の流産はお母さんのせいではありません。赤ちゃんの方の問題なのです」そのように先生からは説明されましたが、深い絶望と悲しみ・・・

何がいけなかったのだろう、自分の何かに原因があったのではないだろうか、と考えずにはいられませんでした。

 

流産の原因とは?

妊娠初期の流産の原因は、胎児の染色体異常がほとんどです。すなわち、防ぎようもない運命を持った受精卵だったということです。

そのため、母体側の努力ではどうすることもできません。

例え体外受精などで受精卵の状態を確認できていたとしても、可能性は否定できません。不妊治療をされていた方ならご存知のことと思います。

受精卵は1日経つごとに細胞分裂をしていきます。正常に育っていく卵もあれば、途中で分裂しなくなる卵、正常な形で分裂していかない卵と、1つ1つが異なっていきます。

例え体外受精で胚盤胞まで正常だったとしても、その後のことは確認することはできません。

自然妊娠ならなおさら、全くわからない状態です。

例えば、お母さん自身が妊娠前に努力して卵の質を上げることができるなら、妊娠初期の流産対策にはなるのかもしれません。

しかし、すでにおなかの中にいる赤ちゃんの運命を変えることはできないのです。

受精してすぐにそれだけの変化がある中で、ちゃんと成長し続け、何も問題なく外に出てくることができるのはもう「奇跡」でしかない、と私は思っています。

 

心音確認の壁

私が流産したのは心音確認の前でした。

妊娠が確認されると、最初の関門になるのが心音確認です。妊娠初期の流産の多くが心音確認の前に発生しています。

心音が確認されれば、ひとまず順調に成長している証拠であり、流産のリスクも激減します。

大体のお母さんが妊娠5~6週で心音を確認できています。

また1度心拍が確認された後、8週頃の検査で正常な心拍が確認できれば、高い確率で妊娠が継続することがわかっています。

しかし、この週数にも多少の誤差は発生します。それは排卵、着床のタイミングが正確にはわからないからです。

そのため、多少の誤差はあるものとして、週数がカウントされています。

本当に安静にしなくて良いの?変えられない流産の運命

すでに赤ちゃんには定められた運命があるといっても、本当に安静にしていなくて良いのでしょうか。

仕事や家事、スポーツなど、日常生活の多くの動きが心配になりますね。ゆっくり休めない場合、その事柄に対して嫌気が差すこともあるかもしれません。

安静にしなくていい根拠として、胎盤がまだできていないことが挙げられます。

胎盤は妊娠15週頃に完成するといわれており、胎盤が完成するとお母さんの栄養素などがダイレクトに赤ちゃんに届くようになります。

すなわち、母体の影響を受けやすくなる、ということです。そのため、妊娠初期に関しては思ったほど胎児への影響がなく、つわりで全然ご飯が食べられない時期があっても、問題なく胎児が成長できるわけです。

妊娠初期の流産が胎児側の原因によるもので、胎盤ができていないため、母体からの影響も少ないとなれば「赤ちゃんのために」安静に過ごす必要はあまりない、といって良いのではないでしょうか。

むしろ、つわりを含むお母さん自身の問題で安静にするかどうかだと思います。

心音確認ができれば、次に目指すのは安定期。一般的には16週を超えれば安定期といわれています。

安定期に入るまでは、周囲の方に妊娠の発表を控えておられる方も多いことと思います。私もそうでした。早く安心して、周囲の方に伝えられると良いですね。

さいごに。流産経験者の私から伝えたいこと

不安ですよね。

この命は、生まれてくる運命を持っているのか。

妊娠初期の流産は染色体異常で防ぐことができないとわかっていても、ご自分のことを責めてしまう方もおられます。

その矛先が自分以外に向くこともあるかもしれません。

でも、仮にご自身にそのような日が来ても、どうぞご自分も周囲も責めることなく、ご自身のお子さんと短い時間でも一緒にいられたことを誇りに思ってください。

そして、起こるかわからない未来を不安に思って今を過ごすより、新しい命が宿ったことに感謝して、マタニティライフを楽しんでください。

お母さんが明るく幸せな気持ちでいることが、おなかの赤ちゃんにとっては一番です!

今、この瞬間を大事に、幸せな気持ちで過ごしていきましょう。

この記事の監修者

坂田陽子

経歴

葛飾赤十字産院、愛育病院、聖母病院でNICU(新生児集中治療室)や産婦人科に勤務し、延べ3000人以上の母児のケアを行う。
その後、都内の産婦人科病院や広尾にある愛育クリニックインターナショナルユニットで師長を経験。クリニックから委託され、大使館をはじめ、たくさんのご自宅に伺い授乳相談・育児相談を行う。

日本赤十字武蔵野短期大学(現 日本赤十字看護大学)
母子保健研修センター助産師学校 卒業

資格

助産師/看護師/国際認定ラクテーションコンサルタント/ピーターウォーカー認定ベビーマッサージ講師/オーソモレキュラー(分子整合栄養学)栄養カウンセラー

出産に備える
大切な情報