妊娠初期に気をつけることは?やって良いこと・ダメなこと

妊娠初期はホルモンの影響で体調が大きく変化し、様々な症状が表れます。これはお母さんの体がおなかの中で赤ちゃんを育てる準備に入るためです。妊娠初期に気をつけることにはどのようなものがあるのでしょうか?

 

妊娠初期にはどのような変化が起こるの?

女性ホルモンの一つであるプロゲステロン(黄体ホルモン)は排卵直後から卵巣で作られます。受精卵が着床しやすいよう、子宮内膜の環境を整え、体温を上げる作用があり、妊娠を助けるホルモンともいわれます。受精卵が着床せず、妊娠が成立しなかったときには、排卵後しばらくしてプロゲステロンの分泌量は減少しますが、着床して妊娠が成立するとプロゲステロンの分泌は増加します。このホルモンにより、妊娠初期は体調が変化しやすくなります。

妊娠初期の身体的な変化として、つわり(吐きづわり、食べづわり、眠りづわり、よだれづわり等)、基礎体温の上昇、頭痛や熱っぽさ、風邪のようなだるさ、下痢や便秘、寒気や悪寒、口渇感、腹痛やおなかの張りなどがあります。また精神的な変化として、イライラ、倦怠感、情緒不安定、うつ病症状、極端な思考などがあります。これらの変化は妊婦さんにとってはつらく苦しいものですが、急激なホルモンの変化によるもので、一時的な場合が多く、安定期に入ると症状が落ち着いてくることもあります。家族や職場の人たちに理解してもらい、体調が悪いときには無理をせず、休みながら乗り切っていきましょう。

 

妊娠初期に生活で気をつけること

・風邪、感染症の予防と薬の服用

妊娠すると免疫が下がります。感染症にかかるとママ自身につらい症状が表れるだけでなく、おなかの赤ちゃんに影響することもあるため、注意して過ごしましょう。マスク着用、手洗いうがいで不要な感染を避けましょう。秋〜冬であればインフルエンザの予防接種も受けておきましょう。妊娠中でも接種は可能です。

妊娠初期に服用することで、胎児に影響を与えてしまう薬もあります。市販の薬は独断で服用してはいけません。妊娠前から継続的に飲んでいる薬があれば、妊娠がわかった時点で必ず主治医に相談しましょう。薬を飲みたいほどの不調があるときは、妊娠中でも服用できる薬を処方してもらえることもあります。

・葉酸の摂取

葉酸は、ビタミンB群の1つです。妊娠初期の葉酸の十分な摂取が胎児神経管閉鎖障害(二分脊椎、無脳症など)予防に効果があるとされています。神経管閉鎖障害の発症リスクを低下させるためには1日0.4mgの葉酸を摂取することが重要です。葉酸は緑黄色野菜、果物などに多く含まれていますが、こうした野菜などから摂取できる葉酸の量は限られているので、サプリメント(栄養補助食品)で補うようにしましょう。

・体に負担がかかる運動や行動は避ける

妊娠初期は体調が安定していないため、激しい運動は禁物です。医師に相談しながら、ウォーキングやストレッチなどの軽い運動を気分転換程度に行いましょう。

運動以外にも、妊娠初期は体に負担がかかる行動は避けてください。体調によっては安静が必要なケースもあるので、医師から指導があった場合には、必ず守りましょう。引っ越しや旅行はできれば妊娠中期頃まで延期しましょう。

・日常生活でも無理はしない

重いものを持ち上げない、おなかを圧迫しない、過労を避ける、体を冷やさない、外にいる時間や歩く時間が長くならないようするなど、日常生活でも無理をしないよう心がけましょう。妊娠初期は眠気が強くなりやすく、注意散漫にもなりやすいので、車や自転車の運転も注意してください。

 

妊娠初期に食べ物で気をつけること

・摂りたい食べ物

良質のたんぱく質が豊富な大豆食品、鉄分を多く含む海藻類、カルシウム豊富な乳製品、食物繊維の多いきのこ類、葉酸を多く含む緑黄色野菜などは妊娠初期に積極的に摂りたい食べ物です。しかし、つわりで胃の不快感や吐き気を伴うときは、栄養バランスはあまり気にせず、食べたいときに食べられる物を摂りましょう。この時期の赤ちゃんは、まだ小さく、ママからの栄養が不足するということはあまりありません。ただし、つわりで嘔吐が頻回な場合は脱水症状を防ぐために水分だけはこまめに摂るよう心がけましょう。

・控えたい食べ物

妊娠すると抵抗力が弱まるので、感染症や食中毒にかかりやすくなります。できるだけ生ものを食べることは避けた方が良いでしょう。特に生肉にはトキソプラズマという寄生虫が含まれていることがあるので、注意が必要です。妊娠中にトキソプラズマにかかると、水頭症や視力障害、精神・運動機能障害など、赤ちゃんに様々な影響が出るリスクがあります。他にも刺身や貝類など、食中毒の恐れがあるもの、殺菌されていない乳製品(ナチュラルチーズ)や生卵など、サルモネラ菌発生の可能性があるもの、生肉や生ハムなど、リステリア食中毒やトキソプラズマに感染しやすいものも避けるようにしましょう。

また、水銀が多く含まれる魚にも注意が必要です。水銀は胎児の先天性異常を引き起こす可能性があるといわれています。キンメダイ、メカジキ、マグロは食べる量や頻度を抑えた方が良いといわれています。

 

妊娠初期に嗜好品で気をつけること

・禁煙

喫煙をしている人は、妊娠に気づいたら、すぐに禁煙してください。たばこのニコチンは血管を収縮させてしまい、赤ちゃんに酸素や栄養が届きにくくなります。また、ニコチンは胎盤を通過し、赤ちゃんにも影響を及ぼします。喫煙する妊婦さんは、流産・早産を起こしやすく、低出生体重児の出生リスクが高くなることも知られています。受動喫煙でも、赤ちゃんの発育を阻害する可能性があるため、家族に喫煙者がいる場合、禁煙してもらうか、目の前では吸わないように配慮してもらってください。受動喫煙しないよう、タバコを吸っている人や喫煙所には近づかないようにするのも大切です。

・禁酒

妊婦さんがお酒を飲むと、母体の血液中とほぼ同じ濃度のアルコールが胎盤を通して赤ちゃんに送られることになります。妊娠中にお酒を飲み続けると、「胎児性アルコール症候群」の赤ちゃんが生まれる可能性があります。胎児性アルコール症候群を発症すると、低体重・低身長といった発達の遅れや、ADHDやうつ病、学習障害などの精神疾患が起こる可能性が高まります。妊娠に気づいたらすぐに禁酒しましょう。

・ノンカフェイン

妊娠中にカフェインを摂取すると、自然流産のリスクや、赤ちゃんの発育を妨げるリスクが高くなる可能性が懸念されています。1日のカフェイン摂取量が200~300mgを超えると、自然流産する確率が上がるという研究報告もあるので、コーヒーを飲むなら1日2~3杯までにしておきましょう。カフェインは、コーヒーだけでなく、チョコレートや紅茶、コーラ、栄養ドリンクなどにも含まれています。妊娠中はノンカフェインの飲みものを選ぶと安心です。

まとめ

妊娠初期に気をつけることが何となくイメージできたでしょうか?妊娠初期は体も心も特にデリケートな時期です。妊娠初期に気をつけることを意識しすぎて、ストレスを溜め込んでしまうのは逆効果です。好きな音楽を聞く、ゆっくりとお風呂に入る、家族や友人とおしゃべりする、軽い運動をするなど、自分に合ったストレス発散の方法を見つけて楽しい妊娠生活をお過ごしくださいね!

この記事の監修者

坂田陽子

経歴

葛飾赤十字産院、愛育病院、聖母病院でNICU(新生児集中治療室)や産婦人科に勤務し、延べ3000人以上の母児のケアを行う。
その後、都内の産婦人科病院や広尾にある愛育クリニックインターナショナルユニットで師長を経験。クリニックから委託され、大使館をはじめ、たくさんのご自宅に伺い授乳相談・育児相談を行う。

日本赤十字武蔵野短期大学(現 日本赤十字看護大学)
母子保健研修センター助産師学校 卒業

資格

助産師/看護師/国際認定ラクテーションコンサルタント/ピーターウォーカー認定ベビーマッサージ講師/オーソモレキュラー(分子整合栄養学)栄養カウンセラー

出産に備える
大切な情報