妊娠初期にやってはいけない姿勢は?

妊娠がわかると同時に、ママの体も徐々に変化を始めて、その変化に戸惑いもございませんか?

妊娠初期の状態は?暮らしの中で注意することは?

不安が少しでも軽減できるように、現在2児の母となった私がご紹介します。

 

妊娠初期に起こるからだの変化 つわり

妊娠判明後から、胃もたれ、むかつき、吐き気、食欲不振など、つわりの症状が出ることがあります。

妊娠5週から始まり、16週ごろまでがピークと言われています。

私は、2回の妊娠を経験しましたが、いずれもつわりが重く、生きた心地のしないような状態が続きました。食べたら吐く、水を飲むのも大変になってしまい、「悪阻」と診断され入院生活を送りました。

この時、赤ちゃんは大丈夫かなと不安もいっぱいで仕方がなかったのですが、「おなかの赤ちゃんは栄養をもらっているから大丈夫」と医師より励まされて、その言葉を信じて乗り越えました。

つわりで苦しんでいる妊婦さんには、少しでも口にできそうな物を見つけることをお勧めします。

私は、「ごはん」が喉を通らなかったのですが、冬にもかかわらず、冷たいそうめんが食べられることがわかり、これで何とか乗りきりました。

またこの時期、「切迫流産」の兆候が出ることもあります。

妊娠22週未満に、出血、下腹部の張りや痛み、おりものの変化といった流産と同じ症状が出ているもので、妊娠が継続している状態のことを言います。

私も、初めての妊娠の際、出血があったのですが、安静にすれば大丈夫ということで、とにかくゆっくり過ごして乗り越えました。

 

やってはいけないことは?

おなかの中の大切な赤ちゃんを育む、今までとは違う自分や急な変化に戸惑いがある方もいらっしゃるかもしれません。

では、日常生活では、どのような点に気をつければ良いでしょうか、考えてみたいと思います。

まず、一般的に知られていることかもしれませんが、アルコール・喫煙は避けましょう。赤ちゃんの発育に影響を及ぼす可能性があります。

次に、激しい運動は、避けた方が良いでしょう。

例えば、ランニングのような心拍数が上がる運動です。これは、おなかの赤ちゃんに負担になりますので、控えましょう。

それから、腰をひねる動作、おなかを圧迫する姿勢を伴う運動も、赤ちゃんに負担となる可能性がありますので、避けた方が良いでしょう。

一般的にやってはいけないと言われているスポーツは、登山、シュノーケリング、ジョギング、釣り。

例え、やり慣れたものでも、おなかに負担がかかる場合がありますので、医師に相談するようにしましょう。

また、転倒の可能性のあるスポーツ・乗り物は避けた方が良いでしょう。

自転車は、おなかに振動が伝わりやすく、転倒の可能性も高いため、避けた方が良いでしょう。

もしも、当てはまることがあれば、赤ちゃんに負担とならないように生活を見直してみるのもこの時期かもしれません。

 

やって良い運動をぜひ見つけて

とはいえ、妊娠中に体を動かすことは良いことですので、やって良い運動をぜひ見つけてみるのもお勧めです。

例えば、妊婦さん向けに作られたプログラム、マタニティヨガ、マタニティビクス、ウォーキングなど。

コロナ禍において、外出が難しい場合は、動画で妊婦さん向けのストレッチや運動を検索されるのも良いかもしれません。

「からだを大切に」赤ちゃんからの最初のお願いごと

私は妊娠初期の頃、つわりや切迫流産の兆候など、妊娠前の自分からは考えられないような、からだのつらさを感じることにとても驚きました。

自分のからだは、一体どうなってしまうの!?と先が見えない漠然とした不安。

しかし、私は、家族や医師から「赤ちゃんは無事大きくなっている、頑張って」と励ましてもらう中で、このからだのつらさを「ママ、自分のからだを大切にしてね」という赤ちゃんからのメッセージと理解して頑張りました。

「今までのからだとは違うんだよ!からだを大切にしてね」赤ちゃんから、ママへの最初のお願いごとです。

妊娠中は、自分や赤ちゃんに負担がかからないかな?と考えて生活することで、より安心な妊婦生活が送れると思います。

ご心配な症状やトラブルがあれば、医師や助産師さんに相談することも大切かと思います。

素敵な妊婦生活になりますように。

 

◆参考「初めてのママとパパの本 妊娠・出産ガイドBOOK Gakken」

この記事の監修者

坂田陽子

経歴

葛飾赤十字産院、愛育病院、聖母病院でNICU(新生児集中治療室)や産婦人科に勤務し、延べ3000人以上の母児のケアを行う。
その後、都内の産婦人科病院や広尾にある愛育クリニックインターナショナルユニットで師長を経験。クリニックから委託され、大使館をはじめ、たくさんのご自宅に伺い授乳相談・育児相談を行う。

日本赤十字武蔵野短期大学(現 日本赤十字看護大学)
母子保健研修センター助産師学校 卒業

資格

助産師/看護師/国際認定ラクテーションコンサルタント/ピーターウォーカー認定ベビーマッサージ講師/オーソモレキュラー(分子整合栄養学)栄養カウンセラー

出産に備える
大切な情報