妊娠中の運動ってどんな種類があるの?

妊娠する前から運動することが好きで、妊娠・出産をすることによって体型が崩れるのは絶対嫌だ!と思っていたので、妊娠が発覚してから、すぐに妊婦さんでも通える運動のクラスを探しました。

私の住んでいる地域で見つけることができたのが、マタニティヨガ、マタニティスイミング、マタニティビクスの3種類でした。東京や大阪など、大都市であれば、より多くの種類の妊婦さん用の運動クラスを見つけられると思います。

妊婦さん専用クラスといっても、私が見つけたクラスでは、安定期に入りお医者さんに許可を貰うことが参加の条件でした。

つわりで苦しんだ妊娠初期をやっとの思いで乗り越え、安定期に入ってから最初の妊婦検診で通っていた産婦人科の先生に許可を取り、実際にクラスに申し込みをしました。

私が見つけたどのクラスも魅力的に感じましたが、独身時代から妊娠発覚時まで、ずっと続けていたヨガに通うことに決めました。当時、週に数回働いていたので、仕事の時間との兼ね合いが取れたのも、マタニティヨガを始めることの決め手となりました。

 

マタニティヨガの効果とは?

妊娠中の運動として、多くの妊婦さんが取り入れているヨガですが、妊婦さんにとって、たくさんの良い効果があるといわれています。

まず、第一にリラックス効果が高いことが人気の理由です。マタニティヨガでなくても通常のヨガを経験したことがある人なら感じたことがあると思いますが、ヨガで体を動かした後のリラックス感は他の運動では得られません。日々の生活の中で自分自身と向き合う時間はなかなか取りづらいものですが、ヨガを行うことによって、その貴重な時間を取ることができ、気持ちに余裕が生まれました。妊娠中は出産や産後のことを必要以上に考えてしまい、不安な気持ちになってしまうことも多かったのですが、マタニティヨガを取り入れることによって、気持ちに余裕を持つことができました。

妊娠中に苦労される方が多い体重管理に関しても、マタニティヨガは効果的でした。激しい有酸素運動に慣れている方はヨガでは物足りない!と思われるかもしれませんが、ヨガでもポーズをキープしたり、普段の生活では使わない筋肉を使ったりするので、汗もかきますし筋力アップも狙えます。マタニティヨガでは走り回ったり、飛び跳ねたりすることもないので、妊娠中の運動に最適でした。私の場合は毎週3回ヨガに通っていたこともあり、妊婦検診で体重について注意を受けることはほぼなく妊娠生活を終えることができました!

産婦人科さんでヨガのクラスがあることも多く、安心して通うことができるので、今までヨガに触れたことがない妊婦さんでも、妊娠中の運動としてマタニティヨガを取り入れる方が多いと思います。私が通っていた産婦人科さんでも、月に2回程度、妊婦さん用のクラスが開催されており、私が住んでいる地域の他の産婦人科さんでも、同じくらいの頻度で妊婦さん用のヨガのクラスが開催されていました。ヨガの呼吸は、お産の時にも役に立つといわれているので、多くの産婦人科さんでクラスが行われているようです。私自身もお産の時に呼吸がしっかりできたのは、ヨガを取り入れたおかげだと思っています。また、赤ちゃんが下りてくるのを促すようなポーズも多く、クラスの中でもそのようなポーズが多く取り入れられていました。

産婦人科さんでのクラスは初回無料やお試し価格で開催されていることが多く、始めやすいので、妊娠中も運動したい方は、産婦人科選びの段階から妊婦さん用の運動クラスの開講状況も見てみると良いと思います。

マタニティヨガ経験者として

妊娠中は気持ちの上がり下がりも普段より激しく、必要以上に先のことが不安になってしまうことが多くありました。それでも、週3回ヨガのクラスで運動することで、その時間は不安な気持ちから離れることができました。

最近では、妊婦さん用のかわいいヨガウェアもたくさんあって、お気に入りのウェアでクラスに参加することも妊娠中の楽しみの一つでした。

通っていた教室で出産予定日が近いマタニティの友達もでき、お互いに陣痛がきた報告や出産の報告をし合ったり、妊娠生活において、とても頼もしい存在となりました。

産後にも赤ちゃんの写真を送り合ったり、首が座ってからはベビーヨガに一緒に参加したり、クラスメイトからママ友になって関係が続いています。

このご時世ですので、人が集まる場所に行くことが怖いと思う方もいると思います。そんな方にぴったりなのがオンラインクラスです。決まった時間に開催するクラスや好きな時間に受講できるクラスなど、様々なクラスがあり、自分に合ったクラスを選んで参加することができるので、悩んでいる方は試してみてはどうでしょうか?

私も通常のクラスに参加するのに加えて、時間がある時には英語で行われているマタニティヨガのクラスを視聴して、自分の英語のブラッシュアップにも役立ちました!

妊娠中は食べ物や飲み物にも制限があったり、いつもできることができなかったり、たくさん制約がありますが、妊娠中の運動としてマタニティヨガを取り入れることによって、安らぐ時間や人との出会いに恵まれ、楽しい妊娠生活となりました。もし、また妊娠してもマタニティヨガに通いたいと思います。

この記事の監修者

坂田陽子

経歴

葛飾赤十字産院、愛育病院、聖母病院でNICU(新生児集中治療室)や産婦人科に勤務し、延べ3000人以上の母児のケアを行う。
その後、都内の産婦人科病院や広尾にある愛育クリニックインターナショナルユニットで師長を経験。クリニックから委託され、大使館をはじめ、たくさんのご自宅に伺い授乳相談・育児相談を行う。

日本赤十字武蔵野短期大学(現 日本赤十字看護大学)
母子保健研修センター助産師学校 卒業

資格

助産師/看護師/国際認定ラクテーションコンサルタント/ピーターウォーカー認定ベビーマッサージ講師/オーソモレキュラー(分子整合栄養学)栄養カウンセラー

出産に備える
大切な情報