前駆陣痛と陣痛〜いつから始まるのか〜

予定日が近づいてくると、いつから陣痛が始まるのか、陣痛とはどういうものなのか、陣痛の痛みに耐えることができるのか、どんなタイミングで病院へ行けばいいのかなどと、出産に向けていろいろな疑問や不安が出てくるものだと思います。

今回は、その中で聞かれることの多い前駆陣痛と陣痛の違いや病院への連絡のタイミングについてお話しさせていただきます。

前駆陣痛は出産に向けて準備を始めているサイン

臨月に入ると少しずつお腹の張りや腰の痛みを感じるようになってくると思います。これは、子宮が収縮することで起こり、子宮の筋肉が緊張して、おなかがかたくなったように感じます。これが前駆陣痛や陣痛に繋がっていきます。

前駆陣痛は、不規則に起こるおなかの張りで妊娠中のからだが少しずつ出産に向けて準備を始めているサインです。妊娠中は、赤ちゃんを子宮の中にとどめるために子宮の出口は固く保たれています。そして出産が近づいてくると、前駆陣痛によって、赤ちゃんが生まれてくるための子宮の出口が開いてきたり、赤ちゃんが通ってくる産道も少しずつ軟らかくなってきたりします。前駆陣痛は、1回の持続時間は短く痛みもそこまで強くないことが多いです。もちろん痛みの強さや感じ方には個人差はありますが、弱かったり強かったりと規則性がありません。おなかの張りや痛みだけではなく、胃の不快感、圧迫感といったかたちの前駆陣痛を感じることもあります。そのため、初産の方などは気付かないこともあるようです。そして、前駆陣痛がいつから始まるのか、どのくらいの期間続くのか、強さはどのくらいなのかといったことに決まりはなく、個人差があり、一概には言えません。また、前駆陣痛を感じ始めてから本当の陣痛が始まるまでの期間にも個人差があり、数時間後に陣痛が始まることもあれば、1ヶ月後にくることもあります。

これは陣痛?それとも前駆陣痛?

陣痛も最初は前駆陣痛と症状が同じなので、どちらなのか判断がつかないことも多いです。そのため、急にお腹の張りや痛みが出てきても慌てずに、まずは落ち着いて、どのくらいの間隔でおなかの張りや痛みが来ているのか、規則的なのか、徐々に痛みが強くなっているか、間隔も徐々に短くなっているのかといった陣痛の状況を把握するようにしてください。

前駆陣痛は、散歩などからだを動かしている最中やその後によく起こります。また、夜間になると強く感じる人が多いです。しかし、しばらく安静にすると痛みがなくなることがほとんどです。ただし、人によっては忘れた頃にまた痛みが起こることもあります。

夜間に前駆陣痛が来ると気になって寝付けず、一晩中時計とにらめっこなんてこともあるかもしれません。ただし、前駆陣痛の段階で体力を消耗してしまうと、本当の陣痛が来たときには体力が保たず、微弱陣痛となりお産が長引いてしまう恐れもあります。例えお腹の張りや痛みを感じ始めたとしても、休めるようであれば睡眠を優先し、収まったらお昼寝するなどして睡眠不足にならないようにしていきましょう。また、前駆陣痛の痛みや不安で食欲がなくなってしまうこともあるかもしれません。しかし、空腹も陣痛を弱めてしまう原因の一つです。食べられるものを食べて、しっかり出産に備えるようにしてください。

さらには、前駆陣痛を陣痛の練習期間と思って、その間に本当の陣痛を乗り越える方法を見つけることも大切です。好きな音楽や香りを見つけたりマッサージをするなどして、自分なりのリラックス方法や痛みを和らげたりする方法を探してみてください。

前駆陣痛から陣痛に変わったかどうかをはっきりと判断できる方法はありません。結果的に産まれた場合には、それを陣痛であったと判断します。前駆陣痛か陣痛か区別がつかない間は、からだが出産の準備をしていると思って、心配せずにおおらかな気持ちで過ごすようにしましょう。

では、陣痛が始まるとはどういうことなのでしょう。陣痛とは本陣痛とも言い、子宮が収縮して強い痛みを感じる時間と子宮収縮が止んで痛みがおさまる時間が交互に繰り返され、おなかの張りや痛みが規則的に起こることをいいます。一般的には、陣痛の間隔が10分おき、もしくは陣痛の頻度が1時間に6回以上になった時と言われています。どんなに陣痛が強くなっても、陣痛と陣痛の間には必ず数分のお休みがあります。

そのため、お腹の張りや痛みを感じ始めたら、陣痛の間隔を計って記録していくとわかりやすいと思います。陣痛の間隔とは、子宮が収縮することによる強い張りや痛みを感じ始めた時から、次にまた同じ張りを感じ始めるまでの時間のことです。最近では、陣痛の間隔をカウントできる携帯の無料のアプリもあるので、そういうものを活用してもよいでしょう。

病院へ連絡するタイミングは?

それでは、お腹の張りや痛みがある場合にいつ病院へ連絡するのでしょうか。実はそのタイミングも人それぞれです。基本的には陣痛の間隔が10分以内もしくは1時間に6回以上の規則的な陣痛が始まったら連絡をと言われています。ただし、経産の方で前回の出産が早かった方、妊婦健診で子宮の出口が開いてきていると言われている方などは、陣痛間隔が15分ごと、もしくは定期的にお腹が張り、毎回痛みを感じるようになってきた時点で病院に連絡をした方がいいと思います。自分がどのタイミングで連絡したらいいのかわからない場合は、妊婦健診で担当の先生や助産師に一度確認してみてもいいかもしれません。また、破水や出血がある場合には陣痛の間隔に限らずに病院へ連絡するようにしましょう。

もし、急激なおなかの強い痛みや絶え間なく続くおなかの張り、少量の出血、またおなかが板のようにカチカチにかたくなる症状がある場合には注意が必要です。このような症状があるときは、妊娠中に胎盤が子宮からはがれてしまう『常位胎盤早期剝離』を起こしてしまっている場合が考えられます。これは、突然発症して、急激に進行します。そして、ママと赤ちゃんの生命に危険が及ぶ心配があります。

もし、このような症状や赤ちゃんの胎動がなくなった場合は、すぐに病院へ連絡しましょう。

前駆陣痛本陣痛

陣痛の間隔 不規則 規則的で徐々に短くなる

陣痛の痛み 強弱あり 一定で徐々に強くなる

一回の痛みの長さ 短いまたは毎回違う 徐々に長くなっていく

資料請求 オンライン
見学会・説明会