2022年3月31日
乳児

赤ちゃんの発熱。ようすを見る?受診させる?

待ちに待った赤ちゃんとの生活。授乳やミルク、おむつ替え、お風呂。寝かしつけに苦戦するママやパパも多いと思います。

そんな日々の生活でさえ慣れるまでは大変なのに、赤ちゃんが急に体調を崩すとママもパパもびっくりしますよね。赤ちゃんが泣き止まない、機嫌が悪い、発熱がある等、いつもと違う様子があると、心配で胸が押し潰されそうになることでしょう。

ここでは、体調不良を疑う症状の代表格、「発熱」についてのお話をします。乳児期の発熱について正しく知っておけば、いざという時に慌てず対処できるかもしれません。

【なんだか熱い?発熱を疑ったら…】

 

乳児期の赤ちゃんは、発熱しやすいと言われています。なぜなら、乳児期の赤ちゃんはまだ脳の体温調節機能が完成しておらず、体温をコントロールするのが難しいからです。大人であれば少し暑い部屋にいたとしても体温は変わりませんが、乳児期の赤ちゃんは少し厚着をしただけで体温が上がることもあります。

「顔が赤いかな?少し熱がある?」と思った時は、まず部屋の温度や着せているものが暑すぎないかを確認してみましょう。顔を真っ赤にして泣く赤ちゃんが、窓をあけて涼しい風を浴びせたり服を一枚脱がせたりしただけで、嘘のように泣きやむことはよくあります。

そして、実際に熱を測ってみて37.5℃以上の場合は、発疹が出ていないか、水分がとれているか等、他の症状が無いかをチェックしてみましょう。そして、ここからの経過はメモしておくことをおすすめします。日時と体温、その他の症状を記録しておくと、受診した際に経過を正しく冷静に伝えることができます。乳児の体温や体調を記録できるアプリを活用するのも良いでしょう。

 

【病院へ行った方が良いか迷ったら】

 

赤ちゃんに熱があるととても心配になるものですが、発熱は必ずしも危険なものというわけではありません。熱があっても機嫌よく過ごしている場合などは、家で様子をみていても良いでしょう。それでも心配な時のために、発熱した際の受診目安をご紹介します。

 

《生後3か月以上の乳児》

・39℃未満で、機嫌は良い…家でとりあえず様子をみても良い

・39℃以上だが水分はとれている…診療時間内に受診を

・発熱から1日以上経過している…診療時間内に受診を

・食欲がない、機嫌が悪いなど、いつもと違う様子がある…診療時間内に受診を

・発疹がある…事前に病院へ連絡を入れたうえで診療時間内に受診を

 

《生後3か月未満の乳児》

38℃以上の発熱がある場合…診療時間外でも至急受診を

 

【時間外受診に迷ったら、一度相談を!】

 

月齢に関わらず、ひきつけを起こしている場合や意識がない場合、激しいおう吐や下痢を伴っている場合などは、救急車を呼んで良いでしょう。その際は、経過をメモしたもののほか、保険証や母子手帳、お薬手帳を忘れずに準備しましょう。

それ以外で、発熱に加えて次の状況・症状がある場合には、夜間や休日などの診療時間外でも受診することをおすすめします。

 

《診療時間外でも受診する目安》

・生後3か月未満の乳児

・ぐったりしている

・無表情、活気がない

・一日中ウトウトしている

 

夜間や休日でも受診した方が良いのか判断に迷った場合には、小児救急電話相談に電話相談してみることをおすすめします。

 

《小児救急電話相談 #8000》

これは全国同一の短縮番号になりますが、夜間や休日の診療時間外にそれぞれの地域の窓口につながり、小児科医師や看護師に相談することができます。どういった処置が必要か、時間外でも受診した方が良い症状か、どこの病院へ受診したら良いか等のアドバイスを受けることが可能です。発熱に限らずさまざまな症状が起きやすい乳児期には、この《小児救急電話相談 #8000》を覚えておくと良いでしょう。スマートフォンからもつながります。

現在、全国的に時間外の小児診療数はとても多い状況にあります。しかし内訳をみると、小児救急医療受診者のうち9割以上が軽症者です。本当に医師の手助けが必要な患者さんのためにも、医療がひっ迫してしまうことは避けなければいけません。しかし、言葉も通じず症状から推測するしか手掛かりのない乳児期においては「もし、うちの子がその1割の重症者だったら…」と心配になるママやパパの気持ちも理解できます。その状況で出来るだけ落ち着いて的確に判断するためにも、受診の目安を参考にする、電話相談をするといった方法を活用できると良いですね。

 

【まとめ】

 

乳児期にはさまざまな要因で起こりやすい発熱ですが、ママもパパもびっくりして不安になることでしょう。まずは発熱を疑ったら、どういう経過をたどったのかを落ち着いて説明できるように、メモしておくことが大切。そして受診目安を確認し、診療時間外に迷った場合は《小児救急電話相談#8000》も活用しましょう。

発熱自体は赤ちゃんの体力を奪う症状ですが、決して危険なものとは限りません。水分をとって体を冷やしてあげながら、落ち着いて対応できると良いですね。

 

 

参考文献:新訂版 赤ちゃんの病気全百科(学研ヒットムック)

参考HP:日本小児科学会「こどもの救急」kodomo-qq.jp

参考HP:厚生労働省「子ども医療電話相談事業(#8000)について」https://www.mhlw.go.jp/topics/2006/10/tp1010-3.html

 

 

この記事の監修者

坂田陽子

経歴

葛飾赤十字産院、愛育病院、聖母病院でNICU(新生児集中治療室)や産婦人科に勤務し、延べ3000人以上の母児のケアを行う。
その後、都内の産婦人科病院や広尾にある愛育クリニックインターナショナルユニットで師長を経験。クリニックから委託され、大使館をはじめ、たくさんのご自宅に伺い授乳相談・育児相談を行う。

日本赤十字武蔵野短期大学(現 日本赤十字看護大学)
母子保健研修センター助産師学校 卒業

資格

助産師/看護師/国際認定ラクテーションコンサルタント/ピーターウォーカー認定ベビーマッサージ講師/オーソモレキュラー(分子整合栄養学)栄養カウンセラー

出産に備える
大切な情報