妊娠後期の腰痛 原因と対処方法

妊娠中に多くの方が経験するトラブルの1つに腰痛があります。

腰痛は全ての妊娠期において発生しますが、特に妊娠後期は腰痛に悩む妊婦さんの割合が多くなります。今回はそんな妊娠後期の腰痛について原因と対処法をご紹介します。 

<妊娠後期の腰痛の原因>

 妊娠後期の腰痛の原因は大きく3つあります。

①ホルモンの影響

ホルモンの影響による腰痛は妊娠初期の頃から起こります。妊娠するとリラキシンというホルモンの分泌量が増加します。このホルモンは出産時に赤ちゃんが産道を通り抜けやすくするために骨盤周りの靭帯を緩める作用があります。そのため骨盤周辺の関節が不安定になり周辺の筋肉に大きな負担がかかることで腰痛が引き起こされます。

②体形の変化による姿勢の変化

 妊娠後期になり、おなかの中の赤ちゃんが成長するにつれておなかがせり出し、妊婦さん自身の体重も増加します。すると体の重心が前に移動し、無意識のうちに背骨を反らせ、おなかを突き出した姿勢になります。その結果、腰周辺の靭帯、関節、筋肉に負担がかかり腰痛を引き起こします。姿勢の変化は腰以外にも、背中や足の付け根、お尻、太ももなどに痛みを引き起こすことがあります。

③下半身の血行不良

妊娠後期になると大きくなった子宮がおなかや骨盤内で血管を圧迫するようになります。そのため血行不良になりやすく、血流が悪くなることで腰や足などが冷え、腰痛が起こりやすくなります。

<妊娠後期の腰痛の対処方法>

妊娠後期の腰痛は妊娠によるものなので根本的に解消することはできませんが、原因を知ることで腰痛を予防・緩和するためにできる対処方法があります。具体的な方法をいくつかご紹介します。

①運動する

体を動かすことはストレスの発散、体力の維持、血液循環の回復につながり腰痛が緩和されます。自宅で簡単にできるストレッチやウォーキングなどがおすすめです。またマタニティヨガ、マタニティスイミング、マタニティビクスなど妊婦さん向けの運動に参加してみるのも良いかもしれません。少しずつ体調を見ながらチャレンジしてみましょう。適度な運動は腰痛の予防・緩和だけでなく、出産に必要な体力の維持、急激な体重増加の予防、便秘や肩こりなど妊娠中の様々なトラブルの解消にも期待できます。ただし、切迫早産などの診断を受けている方は運動には注意が必要です。必ず主治医に確認しましょう。

②腰痛対策グッズを使う

ホルモンの影響が原因の腰痛の場合、骨盤を締めて上半身を支えるのをサポートしてくれる妊娠用ベルトやお腹を包み込むようにサポートしてくれるマタニティガードルを着用することで腰回りの筋肉の負担が減って腰痛も改善されやすくなります。大きなおなかを支える働きもあるので妊娠後期・臨月の妊婦さんには心強い味方になってくれます。

骨盤ベルトにはマジックテープ式のものやガードルタイプのものなどがあります。メーカーや種類も様々で、締め方にも違いがあります。巻く位置や使い方は助産師からの指導が必要な場合もあるので、使用前には医師や助産師に相談しましょう。妊娠初期から産後まで使える骨盤ベルトが多くの産院でも勧められているようです。

③姿勢に気をつける

妊娠後期になり、おなかが大きくなるとどうしても反り腰の姿勢になりがちです。この姿勢は、背中や腰への負担が大きいので、なるべく背筋をまっすぐにして正しい姿勢をとるように心がけてみましょう。頭のてっぺんから糸が通り、上に引っ張られているイメージをもつと良い姿勢になります。

腰痛対策には眠るときの姿勢も重要です。横向きの状態になり、上になっている足や腕を軽く曲げて横向き~ややうつ伏せになる姿勢(シムス体位)は腰の負担を軽減し、身体の緊張を取る効果があります。抱き枕を使うのもおすすめです。

また、足を組んで座る、いつも同じ方の手で荷物を持つ、いつも同じ方を下に向けて横たわるなど無意識に行っている悪い姿勢の癖に注意するようにしましょう。

④腰に負担のかかる行動を避ける

重いものを持つ、前かがみになるなど腰に負担のかかる行動を避けるようにしましょう。長時間同じ姿勢を続けると血行が悪くなり腰にも負担がかかります。同じ姿勢で家事や仕事をする場合は時々体を動かすようにしましょう。

⑤体を温める

妊娠後期の腰痛のような慢性的な腰痛は、体を温めることで血流がよくなり、痛みが緩和されます。お風呂でゆっくりと湯船に浸かる、体を温める食べ物や飲み物をとる、ホットパックや使い捨てカイロを使うなどして腰回りや身体を温めてあげましょう。冬場の冷えはもちろんのこと、夏場のクーラーによる冷えにも注意が必要です。腰痛が辛い時には夏場でもできるだけ温かい飲み物を飲んだり、シャワーだけではなく湯船に浸かってゆっくり入浴したりして体全体を温めるよう心がけましょう。

⑥体重管理に気をつける

おなかの赤ちゃんが大きくなるにつれて体重が増加し、腰への負担も増していきます。急激な体重増加は腰への負担を大きくするだけでなく妊娠中毒症や妊娠糖尿病といった妊娠期の病気にもつながります。また難産にもなりやすいので、計画通りに体重管理をしていくことが大切です。

⑦マッサージをする

マッサージは血行が良くなるので腰痛改善に効果的です。旦那さんやご家族に協力してもらいましょう。腰周りだけでなく背中や肩など妊娠中に負担がかかりやすい部分を刺激してもらいましょう。

なお、腰痛には湿布を貼ったり薬を塗ったりするイメージがありますが、湿布や塗り薬については胎児に影響を及ぼす成分が入っている場合があり、妊娠後期には禁忌とされているものもあります。自己判断で使用せず、必ず主治医に相談するようにしてください。

<まとめ>

妊娠後期の腰痛は腹痛、頭痛、胸やけなど他の様々なトラブルと同時に起こることもあり、気持ちが滅入ってしまう方もいるかもしれません。しかし正しく対処をすることで腰痛が緩和されることがあります。今回ご紹介した様々な対処方法の中から自分に合ったものをぜひ試してみてください。

赤ちゃんに会える日はもうすぐです!残りの妊娠生活を楽しんで良い出産をお迎えください。

この記事の監修者

坂田陽子

経歴

葛飾赤十字産院、愛育病院、聖母病院でNICU(新生児集中治療室)や産婦人科に勤務し、延べ3000人以上の母児のケアを行う。
その後、都内の産婦人科病院や広尾にある愛育クリニックインターナショナルユニットで師長を経験。クリニックから委託され、大使館をはじめ、たくさんのご自宅に伺い授乳相談・育児相談を行う。

日本赤十字武蔵野短期大学(現 日本赤十字看護大学)
母子保健研修センター助産師学校 卒業

資格

助産師/看護師/国際認定ラクテーションコンサルタント/ピーターウォーカー認定ベビーマッサージ講師/オーソモレキュラー(分子整合栄養学)栄養カウンセラー

出産に備える
大切な情報