妊娠初期の特徴とおなかの張りや腹痛

妊娠がわかると同時に、からだの変化、気になる症状が出てきた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

不安が少しでも減るように、妊娠初期の特徴、からだの変化、おなかの張りや腹痛についてご紹介します。

 

妊娠初期の特徴 赤ちゃんを守るためにママのからだが変化!

まず、妊娠初期とは、妊娠15週までのことをいいます。

妊娠4週頃に、早い人では、つわりの症状が出てくることもあります。また、ママの体と心にも変化が起こります。

これは、妊娠すると大量に分泌されるプロゲステロン(黄体ホルモン)の働きによるものです。基礎体温を上げて、子宮内膜を厚くし、子宮収縮を抑制するなどして、妊娠を維持しようとします。

また、このプロゲステロンには、内臓や血管を形作る平滑筋を緩める作用があり、胃腸や血管の収縮を抑制するために、胃腸の不快症状や便秘、頭痛が起こることもあるそうです。

妊娠初期のつわり、つらいつわり、だけど優しいメッセージも!

妊娠5週から始まり、16週頃まで続くのがつわりですが、中には、つわりがない人もいますし、妊娠中期まで続くこともあります。

現在2児を子育て中の私も、つらいつらい、つわりの思い出があります。とにかく気持ちが悪い、シャンプーや洗剤のにおいも耐えられない、冷蔵庫を開けただけで気持ち悪い、食べることや水を飲むこともつらくなり、入院して何とか乗り越えました。

私は、家族がこの時期、家事を分担したり、遠方から駆けつけてお世話をしてくれたり、職場の方の理解や配慮を得た経験があり、感謝の思い出が今でも強く残っています。

つわりは、妊娠したことを強く思い知らされる状態といっても過言ではありません。

「赤ちゃんがいるよ」「自分のからだが赤ちゃんのために変化するよ」

辛いつわりですが、実は優しいメッセージを持っています。

今、つわりで苦しんでるママさん!頑張ってください!

 

妊娠初期のおなかの張りや腹痛について

では、妊娠初期に起こる腹痛は、どのような腹痛でしょうか?

痛みに対する表現は、千差万別なので一概にはいえませんが、「チクチクしたような痛み」

「おなか全体が引っ張られるような痛み」「下腹部の違和感」「生理痛のような痛み」このような例が挙げられます。

今まで経験したような、してないような、耐えられるような、耐えられないような・・・おなかの赤ちゃんは大丈夫かな?と不安な気持ちになってしまいますよね。

そこで、おなかの張りや腹痛には、どう対応したら良いか?

まずは、ゆっくり過ごしてみてください。

安静にしてみて、痛みが弱くなったり、改善した場合は様子を見て、大丈夫といえる可能性が高いです。

次に、安静にしてみても、引き続き、強い痛み・出血を伴う場合は産婦人科を受診しましょう。

出血を伴う場合はすぐに受診を!

特にこの時期に心配されている方も多いかと思いますが、切迫流産の可能性がないかなどを医師にしっかり診ていただくことが大切かと思います。

私も、最初の妊娠の際に、妊娠初期に生理痛のような痛みや出血があり、切迫流産といわれました。出血があった時点で、病院に相談し、受診を勧められたため、病院に行きました。

安静に過ごすことで、この時期を乗り切ることができましたが、変だなと思ったら、迷わず相談することが大切だなと思いました。

また、出血を伴うおなかの張りや腹痛の場合は、受精卵が子宮内以外の場所に着床してしまう異所性妊娠の可能性もあるそうです。

いずれにしても、出血を伴う場合は、すぐに病院へ連絡を取り、受診しましょう。

まとめ

嬉しいおめでた、なのに妊娠初期のからだの変化に、戸惑うママさんも多いと思います。

この記事の監修者

坂田陽子

経歴

葛飾赤十字産院、愛育病院、聖母病院でNICU(新生児集中治療室)や産婦人科に勤務し、延べ3000人以上の母児のケアを行う。
その後、都内の産婦人科病院や広尾にある愛育クリニックインターナショナルユニットで師長を経験。クリニックから委託され、大使館をはじめ、たくさんのご自宅に伺い授乳相談・育児相談を行う。

日本赤十字武蔵野短期大学(現 日本赤十字看護大学)
母子保健研修センター助産師学校 卒業

資格

助産師/看護師/国際認定ラクテーションコンサルタント/ピーターウォーカー認定ベビーマッサージ講師/オーソモレキュラー(分子整合栄養学)栄養カウンセラー

出産に備える
大切な情報