どうしてこんなに眠くなる!?妊娠初期の眠気

妊娠してから、睡眠不足でもないのにやたらと眠い!どうしてだろうと思われている方いませんか?妊娠と眠気には、一体どのような関係があるのでしょう。そして、この眠気をどうしたら良いのでしょうか。妊娠初期の眠気の原因とその対処法について、お話したいと思います。

 

妊娠初期の眠気の原因

妊娠するとママの身体にはさまざまな変化が見られます。それは、放出される女性ホルモンが大量に増えるからです。その中にプロゲステロンというホルモンがあります。このプロゲステロンは妊娠初期には体温を上げ、妊娠を継続させようとしたり、母乳分泌の準備をしたりする働きがあります。一方で、このプロゲステロンは眠気を誘う作用もあります。このホルモンの働きによって、妊娠初期の眠気を感じる方がいるようです。

同時に、妊娠初期は自律神経が乱れたり、体温調節がしづらくなることで、寝つきが悪くなることも。他にも、つわりによる吐き気に悩まされたり、精神的に不安定になることもあります。これらが睡眠不足の原因になり、日中に眠気を感じるママもいるようです。

 

この眠気いつまで続くの!?

妊娠初期の眠気は、いつまで続くのでしょう。妊娠初期の強い眠気がいつまでも続くわけではありません。後期になってくると産後の授乳に備えてママの睡眠サイクルも変わって来るといわれています。個人差がありますから、中にはこの強い眠気が出産の前まで続くというママもいます。妊娠中の睡眠としては、とても自然のことです。赤ちゃんからの身体を休めてねというサインかもしれません。今はこういうものだと思い、あまり気にせず、身体を休めるようにしましょう。もし、日中に睡眠をとれるようであれば、できれば15時より前にした方が夜の睡眠に影響が少ないといわれています。

 

妊娠中の眠気と上手に付き合う対処法

眠い時は思い切って寝る!ことが一番の解決策・・・とはいえ、上の子のお世話があったり、お仕事をしているママにとっては眠い時に思うように身体を休めることはなかなか難しいものです。では、この眠気とどのように付き合えば良いのでしょうか。対処法を考えてみましょう。

・ガムや飲み物を口に含んでスッキリさせる

何か飲み物を飲んだり、口に入れることで気分転換ができます。お茶や水、ガムなど試してみましょう。ここで注意したいのが、カフェインの摂りすぎです。妊娠中にカフェインを大量に摂ると胎児の発育が滞り、低体重や流産などの原因になる可能性があるため、カフェインの摂りすぎは要注意です。カフェインというと、コーヒーを思い浮かべる方が多いかもしれませんが、意外にも緑茶や紅茶、清涼飲料水にも含まれているので、注意が必要です。最近では妊婦さん向けのノンカフェインのコーヒーや紅茶も充実していますよ。また、炭酸飲料水や白湯にレモン果汁を絞ったものなどもお勧めです。

・冷たい水で顔を洗ってみる

眠たい時、人の身体はリラックスの状態にあり、副交感神経が活発に働いている状態です。冷たい水で顔を洗うことで、交感神経が活発に働くようになり、眠気を抑えることができます。仕事中などで顔が洗えない場合は、濡らしたタオルやおしぼりなどで、顔や首元を冷やしてみてください。

・夜の睡眠の質を上げる

妊娠初期には、つわりのあるママも多く、しっかりと睡眠をとることが難しいかもしれません。寝室の環境を変えてみたり、自分の寝やすい姿勢を見つけましょう。足の間にクッションを挟むのも良いですよ。夜に質の良い睡眠をとることで、日中の眠気を少しでも減らしたいものです。

・外の空気を吸ってみる

窓を開けて換気をして、外の空気に触れるだけで、頭がスッキリすることもあります。もし体調が良ければ、少し外に出て、散歩してみるのも良いでしょう。上の子を連れて家の周りを歩くだけでも、お互い気分転換にもなりますよ。もちろん、無理のない範囲で疲れ過ぎない程度にしましょう。

・仕事中にどうしても眠い時

ずっと同じ姿勢で仕事をしていると、ますます眠気に襲われたりします。可能であれば1時間に1回ほど立ち上がり、トイレに行ってみたり、少し歩いてみると良いかもしれません。周りの目が気になったり、立ち上がることが難しいようであれば、座ったまま足の先の曲げ伸ばしをするだけでも随分違いますよ。

また、眠気に効くツボを押してみるのも一つです。親指と人差し指の骨が交差しているくぼんだ「合谷(ごうこく)」というツボを少し強めに押します。座ったままでもできるので、ぜひ試してみてくださいね。

さいごに

いかがでしたか?眠気の対処法は見つかりそうですか?妊娠中はどうしても疲れやすく、眠気を感じる人も多くいます。無理をせず、自分に合った方法を見つけ、この眠気と上手に付き合っていきましょう。

妊娠中の眠気は周囲からあまり理解してもらえず、ただの怠けなどと思われてしまうこともあるかもしれません。でも、それは違います。妊娠中眠くなってしまうことは、とても自然なことなのです。ママは身体を張って赤ちゃんのことを守っているのです。

睡眠のことに限らず、妊娠中のママにとって、ストレスは一番良くありません。気持ちをリラックスさせて、どうか楽しいマタニティライフを送ってくださいね!

この記事の監修者

坂田陽子

経歴

葛飾赤十字産院、愛育病院、聖母病院でNICU(新生児集中治療室)や産婦人科に勤務し、延べ3000人以上の母児のケアを行う。
その後、都内の産婦人科病院や広尾にある愛育クリニックインターナショナルユニットで師長を経験。クリニックから委託され、大使館をはじめ、たくさんのご自宅に伺い授乳相談・育児相談を行う。

日本赤十字武蔵野短期大学(現 日本赤十字看護大学)
母子保健研修センター助産師学校 卒業

資格

助産師/看護師/国際認定ラクテーションコンサルタント/ピーターウォーカー認定ベビーマッサージ講師/オーソモレキュラー(分子整合栄養学)栄養カウンセラー

出産に備える
大切な情報