現在の保管者数(7/6現在)
54,845
これまでの採取実績病院数
1,980施設

Vol.69 米国厚生省(DHHS)からの通達文

2015.06.08

vol.69_160Vol.69はさい帯血保管に関する米国厚生省(DHHS)からの通達文をご紹介します。 _ 近年、さい帯血の中には難治性血液疾患の治療のための造血系幹細胞および今後期待される再生医療・細胞治療のための多能性幹細胞が豊富に含まれている事がわかりました。 これらの治療に有用な幹細胞を保管することが、米国政府により公式に推奨されています。