2021年9月12日
臍帯血

臍帯血バンクって? ~公的バンクと民間バンク~

おなかの中で赤ちゃんとママを結んでいるへその緒。その中には「臍帯血」という血液が流れています。臍帯血は、さまざまな病気の治療に効果があることがわかっています。しかし、実は、ほとんどの場合は出産時に捨てられてしまいます。命を救う可能性を秘めているのですが、捨てられるのはもったいないですよね。

これを捨てずに、しっかりと採取し保管しておくことが出来るのが臍帯血バンクなんです。採取は全く痛みを伴いませんし、赤ちゃんやママ、そして出産の経過にも一切影響はありません。臍帯血の採取ができるかどうかは医療機関によりますが、可能であれば、ぜひ捨てずに採取、保管してもらうことをお勧めします。

臍帯血バンクには大きく2種類あります。公的バンクと民間バンクです。この2つは、使用する対象者や費用など異なる点がいくつかあります。特に大きく異なる点は、公的バンクはドナーとして臍帯血を寄付して第三者に用いてもらうのに対し、民間バンクは臍帯血の持ち主である赤ちゃんやそのご家族のために用いられる点です。対象者が異なるということは目的が大きく異なりますよね。

ここからは、さらに詳しく臍帯血バンクの違いを説明していきたいと思います!

 

誰かの命を救う、公的バンク

公的臍帯血バンクは、正式には臍帯血供給事業者といいます。主に白血病などの治療が必要な患者さんに対して、移植する臍帯血の採取や保存などを行う事業者です。

臍帯血を治療に用いるには、患者さんに適合するものを見つけなければなりません。そのためには、より多くの臍帯血が必要となります。その趣旨に賛同し、協力をしたい場合は、ママが提供者(ドナー)となり、臍帯血を無償で提供することが出来ます。公的バンクで採取された臍帯血は10年間保存され、その間に必要とする患者さんの治療のために提供されます。

公的バンクでは、採取にも保存にも一切費用は掛かりません。しかし、保存した臍帯血を赤ちゃん本人やご家族に使うことは出来ません。完全に所有権を放棄して提供する形となるため、赤ちゃんやご家族が血液疾患などの病気を患ったとしても、返却されることや優先的に使えるということは一切ありません。公的バンクは、あくまで「移植を待つ誰かの命を救うために」臍帯血を寄付するものです。

 

我が子の万が一に備える、民間バンク

民間臍帯血バンクは、臍帯血プライベートバンクとも呼ばれます。現在、厚生労働省に事業の届出をしている企業は2社あります。業務内容や管理体制などについて、しっかりと報告が行われ、認可を受けています。

公的バンクでは、ママが提供者となり、臍帯血を寄付するのに対し、民間バンクではママ(親)が契約者となり、保管委託契約を結びます。そして費用を支払った上で、採取や保管を行うこととなります。

保管委託契約が必要な理由は、赤ちゃん本人やご家族の治療に用いるものとして保管をするからです。民間バンクに預けられた臍帯血は、第三者に用いられることは一切ありません。

現在、大学と連携し、臨床研究を行なっている民間バンクもあり、脳性麻痺の赤ちゃんに自己臍帯血を投与し、症状に改善がみられた例も報告されています。これは、民間バンクに臍帯血を保管していたからこそ、できた治療です。このように、民間バンクは「赤ちゃん本人やご家族の万が一に備えて」臍帯血を保管するものです。

 

どこでも採取は可能?

たくさんの可能性を秘めている臍帯血ですが、どの臍帯血バンクでも、誰でもどこでも必ず採取が出来るわけではありません。

まず、臍帯血の採取が可能かどうかを産科医療機関に問い合わせる必要があります。ご希望の方は、妊婦健診の際などに確認してみると良いでしょう。

ただし、出産時は赤ちゃんとママの安全が最優先です。分娩時に出血が多い場合など、状況によっては採取することが難しい場合があります。また、分離した細胞の数が少ない場合や細菌の残存が認められた場合などについては、採取はできても保管が難しい場合もあります。詳しくは、それぞれの臍帯血バンクにお問い合わせください。

 

まとめ

臍帯血は赤ちゃんのためだけではなく、他の誰かの未来をも大きく変える可能性を秘めています。その臍帯血を万が一のために保管しておくことが出来る臍帯血バンクについて、知っていただけたでしょうか?

移植を待つ誰かの命を救うため、無償で臍帯血を寄付する公的バンク。

赤ちゃん本人やご家族の万が一に備え、有料で臍帯血を保管する民間バンク。

どちらが良いというものではありませんが、臍帯血がさまざまな病気の治療に効果的であるということは間違いありません。妊娠中の方は、ぜひご家族で「臍帯血はどうする?」と話し合ってみることをお勧めします。どちらの臍帯血バンクも、今日も誰かの未来を支えています。

 

 

この記事の監修者

坂田陽子

経歴

葛飾赤十字産院、愛育病院、聖母病院でNICU(新生児集中治療室)や産婦人科に勤務し、延べ3000人以上の母児のケアを行う。
その後、都内の産婦人科病院や広尾にある愛育クリニックインターナショナルユニットで師長を経験。クリニックから委託され、大使館をはじめ、たくさんのご自宅に伺い授乳相談・育児相談を行う。

日本赤十字武蔵野短期大学(現 日本赤十字看護大学)
母子保健研修センター助産師学校 卒業

資格

助産師/看護師/国際認定ラクテーションコンサルタント/ピーターウォーカー認定ベビーマッサージ講師/オーソモレキュラー(分子整合栄養学)栄養カウンセラー

出産に備える
大切な情報