帝王切開で麻酔が効かない!?私の麻酔体験記

帝王切開は麻酔を使う出産

帝王切開とは、子宮にメスを入れて切開し、赤ちゃんを取り出す分娩方法です。お母さんに妊娠高血圧症候群や心疾患等の持病がある、赤ちゃんの頭の大きさに対してお母さんの骨盤が狭い、赤ちゃんが逆子になっている、過去の出産で帝王切開だったなどという場合、分娩方法として帝王切開が選択されることがあります。帝王切開はおなかを切開する手術になるので、麻酔を使って出産を行うことになります。

 

麻酔の種類は?

帝王切開の麻酔方法には全身麻酔と局所麻酔があります。

全身麻酔での出産は点滴から麻酔の薬を注入したり、肺から吸い込む麻酔の薬を用いたりします。薬が入ると急に眠くなり、意識がなくなります。手術の間、お母さんはずっと眠っています。目が覚めたときには出産は終わっています。

一方、局所麻酔での出産は背中にある神経の束の近くに薬を投与し、胸から足先までの痛みの感覚をなくします。薬は脳には作用しないため、お母さんの意識ははっきりしていて、赤ちゃんが産まれてきたときの泣き声も聞こえます。局所麻酔はお母さんと赤ちゃんへの影響が少なく、帝王切開においては第一選択の麻酔方法です。しかし、緊急帝王切開の中でも特に急いで帝王切開を行わなければならないときやお母さんの血液が固まりにくいときなど、やむを得ず全身麻酔を行う場合もあります。

 

局所麻酔の種類は?

局所麻酔には脊髄くも膜下麻酔と硬膜外麻酔があります。

脊髄くも膜下麻酔とは、背中の腰のあたりから脊髄くも膜下腔という場所に薬を投与して痛みをとる方法です。薬の注入を始めると、すぐに足やお尻が温かくなり、ビリビリしてきます。やがて足の感覚がなくなり重い感じがして、5分もすれば、おなかから胸にかけて感覚の鈍い感じが広がり、足が動きにくくなります。帝王切開手術を快適に受けるためには、胸から足先までの痛みの感覚がなくなる必要があります。しかし、触られる感覚、押されたり引っ張られたりする感覚は残ります。手術が終わったあと、麻酔の効果は胸から消えていきます。そして、だんだんに足も動かせるようになってきます。背中の注射をして数時間後には感覚がもとに戻ります。手技が簡便で効果が早く表れるのが利点です。

硬膜外麻酔とは、出産の痛みを伝える神経が集中している背骨のところにある硬膜外腔という場所に細くて柔らかい管を入れ、管から薬を注入して痛みをとる方法です。硬膜外腔に管を入れたままにしておくので、手術の長さに応じて必要な時間だけ薬の注入を持続することができます。また、術後にもポンプを使って鎮痛剤を注入できるので、傷の痛みを和らげるのに用いることもできます。しかし、硬膜外麻酔は技術的に複雑で麻酔の効果が現れるのに時間がかかるため緊急帝王切開には向かないという欠点があります。

脊髄くも膜下麻酔と硬膜外麻酔を組み合わせた脊髄くも膜下硬膜外併用麻酔という方法もあります。

 

私の麻酔体験記 3回の帝王切開

私は3人の子供を帝王切開で出産しています。出産した病院が3人とも異なり、使用した麻酔の種類や出産体験もそれぞれ違っていました。今回は私のリアルな麻酔体験記を綴りたいと思います。

第一子の妊娠中におなかの赤ちゃんに病気があることがわかり、病巣を傷つけないために予定帝王切開が決まりました。意識がある中でおなかを切られるなんて・・・想像しただけで怖くなってしまった私は全身麻酔で出産させてもらえないかと主治医に相談しました。

しかし、赤ちゃんに万が一のことがあった場合、その場でお母さんに判断してもらう必要があるとの理由で私の甘い考えは却下されました。

そして、局所麻酔の脊髄くも膜下麻酔を用いた帝王切開となりました。麻酔の効きも問題なく、無事出産を迎えましたが、赤ちゃんを取り出した後、縫合するのに皮膚を引っ張られる感覚が気持ち悪かったのを覚えています。そして、術後に麻酔の副作用の頭痛と嘔吐に悩まされました。脊髄くも膜下麻酔は手術中しか麻酔を使えないため、術後の鎮痛には座薬と点滴を使いました。

第二子は別の病院で、脊髄くも膜下硬膜外麻酔併用麻酔による帝王切開を行いました。麻酔の種類を事前に選ぶということはなく、病院で決められた帝王切開の方法が脊髄くも膜下硬膜外麻酔併用麻酔でした。まず簡単な皮膚麻酔のテープで感覚が鈍った背中から硬膜外に管を挿入しました。

私の場合、ヘルニアの手術歴があり、背中に管が入りづらかったようで、入れ直しになりました。管を入れるときの違和感はありましたが、すぐにくも膜下麻酔が効き、下半身の感覚がなくなりました。アイスノンを使い、感覚がないことを確認されました。

麻酔が効き、出産は無事迎えましたが、縫合で皮膚を引っ張られる痛みが強く、麻酔をしているのに痛いという体験をしました。痛みに耐えきれず、麻酔科医の先生に声をかけたところ、急遽全身麻酔に切り替えられ、そこで意識がなくなりました。

パラレルワールドのようなところにいる夢を見ていて、目が覚めた時には縫合が終わっていました。今回の出産でどうやら私は硬膜外麻酔が効きにくい体質らしいということがわかりました。術後も硬膜外に管が入っていたので、麻酔を使い傷の痛みを和らげることができました。

さて、迎えた第三子の帝王切開。また別の病院で出産することになったのですが、前回の帝王切開で麻酔をしているのに痛かったというトラウマを持っていた私は出産を前に戦々恐々としていました。

今回は初めて夫の立ち会いの下、脊髄くも膜下硬膜外麻酔による帝王切開を行いました。主治医にも麻酔科医にも前回の帝王切開での出来事は伝えた上で手術に入ったのですが、壮絶な出産となってしまいました。

まず、前回同様、硬膜外腔の管の入れ直しから始まり、手術開始直後から激しい違和感と苦しみでずっと唸っていました。第一子、第二子の時は出産するまでは麻酔の効きに問題はなく、出産の喜びを味わうことができましたが、第三子の時は出産の瞬間も喜びよりも、この苦しみから早く解放されたいという思いでした。横で立ち会っていた夫はこの時の様子を出産の立ち会いではなく、手術の立ち会いだったと振り返ります。

あまりにもつらそうで見ていられなかったそうです。皮膚を引っ張られる違和感は麻酔では取れないと言って、様子を見ていた麻酔科医も私が「痛い・・・痛い・・・」とうめき出すと「え!?痛いの?じゃあ全身麻酔に切り替えるよ」と慌てた様子で、全身麻酔の準備をし始めました。

ところが、点滴から全身麻酔の前段階の鎮静剤が投与された途端、下半身の違和感も痛みもスッとなくなっていき、何とも言えない穏やかな空気に包まれました。気持ち良くトロンとした意識の中、呂律がまわらない状態で「先生、もう大丈夫です」と言うと、全身麻酔はストップされ、そのまま縫合を終えることができました。

麻酔が効きにくい体質に加えて、極度の緊張と恐怖から違和感と痛みが余計に強くなっていたのかもしれません。術後は硬膜外に入っている管から鎮痛剤を投与することができました。

これから出産を迎えるみなさんへ

私の麻酔体験を読んで不安になってしまった方がいたらごめんなさい。私のように麻酔が効きにくいというのは稀なことだと思います。

痛みは一時的なものですし、赤ちゃんが産まれた喜びは帝王切開の大変さを忘れさせる力を持っています。

帝王切開は、どんな妊婦さんにも起こりうるもので、おなかにメスが入る命がけの出産です。麻酔のことに限らず、不安や疑問があれば早めに主治医や助産師に相談しましょう。みなさんの出産が素晴らしいものになりますように。

この記事の監修者

坂田陽子

経歴

葛飾赤十字産院、愛育病院、聖母病院でNICU(新生児集中治療室)や産婦人科に勤務し、延べ3000人以上の母児のケアを行う。
その後、都内の産婦人科病院や広尾にある愛育クリニックインターナショナルユニットで師長を経験。クリニックから委託され、大使館をはじめ、たくさんのご自宅に伺い授乳相談・育児相談を行う。

日本赤十字武蔵野短期大学(現 日本赤十字看護大学)
母子保健研修センター助産師学校 卒業

資格

助産師/看護師/国際認定ラクテーションコンサルタント/ピーターウォーカー認定ベビーマッサージ講師/オーソモレキュラー(分子整合栄養学)栄養カウンセラー

出産に備える
大切な情報