現在の保管者数(11/02現在)
42,198
これまでの採取実績病院数
1,890施設
はてなマークご提供いただいたさい帯血を用いた研究について

保管契約終了後に研究用検体としてご提供いただいた貴重なさい帯血は、再生医療等の分野の研究の発展のために、ご要望のある研究機関に無償でご提供させていただいております。

【研究の主な目的】

①幹細胞の分離調整技術や凍結技術が、幹細胞の回収率、生存率、活性(分化増殖等)に及ぼす影響の検証

②幹細胞の分析技術開発、凍結・保管技術開発、機能解析

③疾患モデル動物への投与による生体内における安全性や効果についての検証

※人を対象とする臨床研究には提供しておりません。

実際にさい帯血を提供した研究機関とその研究内容

研究機関

医療法人沖縄徳洲会 湘南鎌倉総合病院

研究内容

ヒトさい帯血から分離した単核球や幹細胞を用いて、疾患モデル動物での治療効果を検討するもので、将来の再生医療に関する基礎研究の一つです。また、研究計画は「医学系研究の倫理指針」で規定される倫理審査委員会の審議・承認を受けたものです。

提供数

19件

お問い合わせは

研究資料のお申し込みについては、以下窓口までご相談ください。
株式会社ステムセル研究所
細胞技術センター
stemcell@stemcell.co.jp